2019.11.23

横浜FMが首位浮上! 絶好調FW仲川のゴールを守り抜き、価値ある“ウノゼロ”勝利

ゴールを決めチームを勝利に導いた仲川 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 23日、明治安田生命J1リーグ第32節が行われ、松本山雅FC横浜F・マリノスが対戦した。

 残留を争う17位松本と、優勝を目指す2位横浜FMの対戦となったこのカード。残り3試合と佳境を迎えたリーグ戦だけに、両チームとも勝ち点3が譲れない試合となった。

 試合は、さっそく2分に先制点が生まれる。FW仲川輝人が横浜Fの右サイドで縦パスを受けると、中央へドリブル。シュートフェイントで松本DFをかわすと、ペナルティエリア手前から左足でミドルシュートを放った。これがゴール左下に決まり、横浜FMが早くも先制に成功する。10月の月間MVPにも選ばれた絶好調の仲川は、今シーズン14得点目を記録した。

 早々にリードを奪った横浜FMは、その後も3トップを中心に激しいプレッシングを披露。松本に対して自由にボールを持たせず、試合の主導権を握る。

 スコアは0-1のまま迎えた後半も試合のペースを緩めない横浜FMは、幾度となく松本ゴールに襲い掛かる。ただ、勝ち点が欲しい松本も意地のディフェンスで失点は許さず、セットプレーを中心に反撃を試みる。

 しかし、結局スコアは0-1のまま動かず試合終了。アウェイの横浜FMが“ウノゼロ”で勝利を収めた。

 そして、同時刻で試合を行なっていた首位FC東京が引き分けたため、リーグ戦残り2試合となった時点で横浜FMが首位に浮上。一方の松本は、15位清水エスパルスとの勝ち点差が6に開き、J1残留へ厳しい状況が続く結果となった。

 次節、松本はアウェイでガンバ大阪と、横浜FMもアウェイで川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
松本山雅FC 0-1 横浜F・マリノス

【得点者】
2分 0-1 仲川輝人(横浜F・マリノス

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る