FOLLOW US

ガンバ大阪の選手が『FIFA 20』で大興奮! 白熱の試合を制したのは?

『FIFA 20』でガチンコ対決に挑んだG大阪の(左から)マルケル・スサエタ、宇佐美貴史、アデミウソン、東口順昭 [写真]=CORACAO 齊藤友也

 世界中で支持を集めるサッカーゲーム『FIFA』シリーズ。9月に発売された最新作『FIFA 20』で、昨年に引き続きガンバ大阪の選手同士による対決が実現した。

『FIFA 20』には明治安田生命J1リーグのチーム・選手が実名で登場。世界の名だたるチームとの対戦や、お気に入りの選手を自分で作り上げたチームに組み込むこともできる。また、今作から世界中の街を舞台にしたストリートサッカーを楽しめる『VOLTA FOOTBALL』モードを搭載。操作性やAIも進化を遂げており、あらゆる点において“リアル”なサッカーを味わうことができる。

『FIFA 20』公式サイトへ

 今回、勝負に挑んだのは、FW宇佐美貴史、FWアデミウソン、MFマルケル・スサエタ、GK東口順昭の4選手。「結構、遊んでいましたよ」という宇佐美をはじめ、どの選手も過去に『FIFA』シリーズをプレイした経験があり、ハイレベルな試合が期待された。

 宇佐美のリクエストによって1試合目は東口&宇佐美、スサエタ&アデミウソンの「日本人チームvs外国籍チーム」で対戦。ガンバ大阪vsガンバ大阪、会場はパナソニックスタジアム吹田というドリームマッチが実現した。

少し練習したのち、1試合目がキックオフ! [写真]=CORACAO 齊藤友也

 試合前に「ヴィトーリア、ジャポン!(日本チームが勝つ!)」とポルトガル語で相手を挑発した宇佐美だったが、その言葉どおり細かくパスをつないで試合の主導権をつかむ。黙々とプレイする外国籍チームに対し、「攻守の切り替えを早くしよう」(東口)、「はい、こっちにパス!」(宇佐美)と細かくコミュニケーションを取りながら試合を優勢に運ぶ日本人チーム。しかし、先制したのは外国籍チームだった。40分、ピンチをしのいだあとにカウンターを発動。スサエタの操るアデミウソンがワンタッチのスルーパスを繰り出し、そのボールにアデミウソンの操る井手口陽介が抜け出して、強烈なシュートを突き刺した。ハイタッチをして喜ぶアデミウソン&スサエタ。「このまま守りきれば僕たちの勝ちだね」(スサエタ)と、日本人チームにプレッシャーをかける。

劣勢を跳ね除け先制点を奪った外国籍チームは歓喜のハイタッチ! [写真]=CORACAO 齊藤友也

 負けられない東口&宇佐美は後半に反撃。スピードとテクニックの能力値が高い右サイドのスサエタをシンプルに生かしてチャンスを作っていく。63分には宇佐美の操るスサエタが自陣でボールを奪取。そのまま右サイドを50メートル以上独走し、ゴールを陥れた。「素晴らしい!スサエタ!」と声を弾ませる宇佐美。本人に向かって「ムーチャス、グラシアス(どうもありがとう)」と伝えると、スサエタは苦笑いしつつ少しうれしそうな表情に(笑)。

 同点となりさらに白熱したゲームはその後、外国籍チームが鮮やかなパスワークから決定機を作る。宇佐美がフリーでシュートを放つも、GKのファインセーブに遭う。「宇佐美はそういうの決められないから!」と宇佐美が自虐すると、東口は「いや。GKがいいからやろ」と自画自賛し場を盛り上げる(笑)。結局、1-1のまま90分を終え、勝負は延長戦へ。疲労の色が濃い日本人チームを尻目に、外国籍チームの勢いが増した延長戦。前半にアデミウソンが自らを操って2度のビッグチャンスを迎えたが、いずれも決め切れず。延長終了間際には日本人チームも絶好の得点機を得たものの、あと一歩のところでGKにクリアされ、試合は引き分けに終わった。

何度も決定機を逸し、頭を抱えるアデミウソン [写真]=CORACAO 齊藤友也

 宇佐美&スサエタ、東口&アデミウソンに分かれて勝負した2戦目。両チームとも先発メンバーを選び直すなど本気モードとなった試合は、いきなり動く。開始3分、素晴らしいパスワークからアデミウソンが自らを操って完璧なスルーパス。このボールに東口の操る宇佐美が走り込んでネットを揺らした。宇佐美&スサエタチームも負けじと反撃。爆笑を引き起こした相手のクリアミスを宇佐美が難なく押し込み同点とする。ゴール後にクローズアップされた自身の顔を見た宇佐美は「めっちゃ似ている! ホクロの位置も髭の感じもそっくりで、もはやリアルフェイスを超えてきている!」と、その再現ぶりに大満足の様子だった。

東口&アデミウソンチームは幸先良く先制したものの…… [写真]=CORACAO 齊藤友也

 直後の20分にも鮮やかな崩しから宇佐美の操るアデミウソンが決定機を得る。シュートは左に外れたが、アフターのスライディングがあったとしてPKを獲得。しかもファウルした三浦は退場処分に。この判定には一同騒然。納得のいかない東口は「何で!? 誤審やん!」と抗議するが、もちろん判定は覆えらず。このPKを宇佐美が自らを操作して決めて2-1と勝ち越しに成功した。

宇佐美を操作してゴールし、喜ぶ宇佐美 [写真]=CORACAO 齊藤友也

 1人少なくなった東口&アデミウソンチームは宇佐美に代えてDFの菅沼駿哉を投入。これにはすかさず宇佐美が「絶対、ベンチで怒ってるやん」とツッコミを入れる(笑)。まずは同点に追いつきたい東口&アデミウソンチーム。しかし、致命的なミスが出てしまう。東口がゴールキックをつなごうとするも、相手選手に渡してしまいそのまま失点。東口は「やってもうた~」とうなだれた。

「このコンビはめちゃめちゃやりやすい。分かり合えている感じがする」と連係プレーに手応えを語る宇佐美&スサエタチームは後半に入ってもゲームを掌握。59分には抜け出した井手口が豪快にネットを揺らし、ダメ押しの4点目。その後は余裕を持った試合運びを見せ、4-1のまま宇佐美&スサエタチームが完全勝利を飾った。

真剣モードで対戦しつつも、何度も爆笑が巻き起こっていた [写真]=CORACAO 齊藤友也

「妥当な結果」とドヤ顔を見せた宇佐美は、「楽しかったです。ゲームだけど、本当にサッカーをしたような気持ち、感覚になれる」と総括。この日、負け無しのスサエタも「スタジアムも選手もリアルで、すごく楽しめた。勝ったときの気持ち良さは格別だね」と喜びのコメントを残した。東口&アデミウソンも2試合目は完敗したとはいえ、「楽しかった!」と声をそろえ、4人は笑顔のまま取材部屋をあとにしていった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA