2019.11.15

サポーターの声で大津祐樹が動いた! 新グッズのデザイン追加を“アシスト”

大津祐樹
大津はサポーターの声に応えてグッズデザインの追加に貢献 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスに所属するMF大津祐樹が15日に自身のSNSを更新し、ファンの声を受けて新グッズのデザインを追加したことを明かした。

 横浜F・マリノスは、12月7日(土)に行われる2019明治安田生命J1リーグ最終節に向けて、「すべてはマリノスのために」と記された新しいタオルマフラーの発売を発表した。しかし、黒と金のデザインには賛否両論あったようで、デザインの良さを称賛する反面、「逆転優勝には勝利が必要なのに黒は縁起が悪い」「(チームカラーの)トリコロールのデザインではない」との意見が集まっていた。

 そこで、大津が13日に自身のツイッターを更新し、「できるかどうかまでは約束できませんが大津動いてみましょう。笑」と意味深なコメントを掲載した。

 すると、15日にクラブがトリコロール柄の新デザインの発売を告知。大津もインスタグラムを更新し、「#大津動きました」とのハッシュタグとともに、元のデザインへのリスペクトと、新デザインの発売決定を報告した。

View this post on Instagram

#大津動きました #結果報告 グッズ企画の方がデザインを考え一生懸命作ってくれた黒金のタオルマフラー本当に素敵だなと思いました! サポーターの皆さんがトリコロールにしてくれと言う意見もとてもよく理解できます。 結果トリコロールも作っていただけることになりました! このように選手、クラブ、サポーターが共に作り上げるのは素晴らしいことだと思います。 このタオルマフラーが最終節たくさんの人が掲げられることをとても楽しみにしています! #探すの楽しみだなー #わくわく #次はサポーターの番です #動いてください笑 #タオルマフラー #トリコロール#黒金 #最高の場所へ #すべてはマリノスのために

A post shared by 横浜F.マリノス 大津祐樹 (@o2yuki) on

 サポーターに向けては「#次はサポーターの番です #動いてください笑」のハッシュタグとともに、逆転優勝へ向けてチームへの後押しを求めた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る