FOLLOW US

対戦相手を苦しめた攻撃と守備…エヴェルトンが第29節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

第29節のMVPに選出された浦和のMFエヴェルトン [写真]=浦和レッズ

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第29節、ホームの大分トリニータ戦の最多得票はMFエヴェルトンが獲得した。

 互いにスコアレスで迎えた後半アディショナルタイム、カウンターから決勝点を献上した浦和は、リーグ戦3試合ぶりの黒星を喫した。それでも、この日2ボランチの一角として出場したエヴェルトンが、多くのサポーターから支持を集めた。エヴェルトンは雨が降るピッチを縦横無尽に駆け回り、攻守に奮闘。フィジカルの強さを活かした守備でチャンスを防ぐと、攻撃でも強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かした。

■投票者のコメント
・ボール運び、キープなどわざの上手さが際立っていたこと、シュートが良かったです。今後はどんどんシュートして決めてほしいです!
・攻撃の起点となり、存在感を発揮していた。 得点には結びつかなかったが、エヴェルトンのキープ力、展開力はこの試合チームで唯一といっていい希望の兆しだった。
・いつも以上に前線に飛び出してチャンスを作っていました。
・最後の最後に決められてしまった後味の悪い試合でした。 そんな中地味な動きではあるもののボランチとして回収、展開に奔走していたエヴェルトン選手は唯一輝いていた存在でした!
・負けてしまいましたが、体の強さやテクニックが光っていたと思います!次こそ勝てるようにお願いします!
・攻守に渡って90分通して存在感があった。特に球際は制していた印象。後半のミドルシュートこそ入らなかったものの良いシュートだった。
・ピッチの色々な場所に顔を出して攻守に貢献した。終盤にはあわやの惜しいミドルシュートもあり、存在感があった。
・技術の高さがやっとチームにフィットしてきた感じがします。 しかしまだまだ出来るだろうというところもありますので頑張ってほしいです。 マウリシオと共に寡黙だけど熱いものを持っていると思うので。 シュートの威力もあると思います。ぜひゴールも!
・攻守にわたって奮闘し、チームの舵をとった。今ではなくてはならない存在。結果は敗戦だったが、勝っていれば間違いなく試合のMVPだったと思う。

■得票率
エヴェルトン(26.15%)
興梠慎三(20.0%)
関根貴大(15.38%)
阿部勇樹(9.23%)
西川周作(6.15%)
長澤和輝(6.15%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、10月29日(火)第31節のサンフレッチェ広島戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。
初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/
主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA