FOLLOW US

G大阪、14日鳥栖戦でクラブOBの播戸竜二と“一日契約”…試合前にはセレモニーを実施へ

2008年のクラブW杯に出場した播戸選手(左) [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪は12日、クラブのOBである元日本代表FW播戸竜二選手と“一日契約”を結ぶことを公式サイトとTwitterで発表した。

 明治安田生命J1リーグ第26節サガン鳥栖戦が行われる9月14日限定で、ガンバ大阪は播戸選手と契約を結んだ。19:00キックオフの試合前には、17:45から同選手のセレモニーが行われる模様だ。

 播戸選手は兵庫県出身で1979年生まれの40歳。1998年に練習生としてガンバ大阪に入団すると、期限付き移籍先のコンサドーレ札幌(当時)やヴィッセル神戸で頭角を現し、日本代表にも選出された。その後2006年にガンバ大阪へ戻ると2008年のAFCチャンピオンズリーグ制覇などに貢献。2010年にガンバ大阪を退団した後は、セレッソ大阪大宮アルディージャで活躍し、2018年にFC琉球で契約を満了。その後は「フリーランスのサッカー選手」として活躍の場を広げている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA