2019.08.22

右サイドを疾走し攻守に奮闘…関根貴大が第23節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

第23節のMVPを受賞した関根貴大 [写真]=浦和レッズ
サッカー総合情報サイト

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第23節、アウェイのヴィッセル神戸戦の最多得票はMF関根貴大が獲得した。

 前半アディショナルタイムに失点した浦和は、後半にも2失点。攻撃陣は得点を奪えず0-3で敗れた。そんな苦しい状況でサポーターの支持を集めたのは、右ウイングバックでフル出場した関根だった。豊富な運動量で右サイドを上下動すると、単騎の突破や味方とのコンビネーションでチャンスを演出。さらに、ミドルシュートで相手ゴールを脅かすなど、90分に渡って奮闘を見せた。

■投票者のコメント
・やはり関根選手がボールを持つと期待感が半端じゃないです。最後までボールを追いかける姿勢、関根選手の一生懸命さが毎回伝わります。今回も唯一関根選手の一生懸命なプレーに心を持っていかれました。神戸戦のMVPは関根選手です。
・敗戦の中で唯一輝いていた。攻守において対峙した酒井高徳との激しい1対1を繰り広げ、闘う姿勢を示していた。
・ドイツでの経験は無駄じゃなかったし、ここで終われない気持ちが伝わり、最後まで戦っていた姿は浦和を背負っていて頼もしかった。
・負けているチームを何とかしようという気持ちが関根選手から一番伝わってきた。特に攻撃の時に果敢にドリブルで仕掛けていく姿勢、取られてもなお仕掛ける姿勢。ピッチ上の誰よりも戦っていたし、相手へ脅威となっていた。
・3失点しながらも諦めず最後までボールに向かって走る関根選手を見て闘志が伝わってきて応援してる私たちも熱くなりました!
・諦めずに仕掛けにいっていたこと。浦和の流れに持ってこうとしていたこと。その姿勢は外から見てて浦和の選手の中で一番伝わりました。今度はホームですので、もちろん後押しします。枯らすつもりで大きな声を出すので、関根選手はどんどん仕掛けて浦和の勝利に導いて下さい。

■得票率
1.関根貴大(50.57%)
2.西川周作(32.18%)
3.興梠慎三(8.05%)
4.杉本健勇(3.45%)
5.柏木陽介(2.3%)
6.槙野智章(2.3%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、8月23日(金)第24節の松本山雅戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。
初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/
主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る