2019.08.15

G大阪のMF高宇洋、山口へと育成型期限付き移籍「強く大きく成長しないといけない」

ガンバ大阪
G大阪はMF高宇洋が山口へと育成型期限付きすることを発表した
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は15日、MF高宇洋がレノファ山口FCへと2020年1月31日まで育成型期限付き移籍することを発表した。なお、同選手は契約により、2019シーズンのG大阪と山口が対戦する全ての公式戦に出場できない。



 高は1998年4月生まれの21歳。神奈川県出身の同選手は、川崎フロンターレU-12、U-15を経て、市立船橋に進学した。同校が優勝した平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)では全6試合に先発出場。DF杉岡大暉(現湘南ベルマーレ)、原輝綺(現サガン鳥栖)とともに、大会優秀選手に選出された。また、かつて富士通サッカー部などでプレーした元中国代表の高升氏を父に持つ。

 クラブ公式サイトには高のコメントが掲載され、「今シーズンの前半戦に出場した中で、自分の力不足を実感しましたし、まだまだチームに貢献できていないという実感もありました。そういう意味では、もっと試合に絡んで、強く大きく成長しないといけないと思い、決断に至りました。山口でプレーすることで、もっと自分自身をレベルアップさせて頑張っていきたいと思います」と新天地での成長を誓った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
45pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る