2019.08.13

名古屋の小林が大分へ完全移籍…「グランパスの選手としてサッカーをできたことを誇りに思う」

サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは12日、小林裕紀が大分トリニータへの完全移籍が決定したと発表した。



 小林は東京ヴェルディのジュニアユース、ユースで育ち、卒業後は明治大学と進んだ。その後、2011年にジュビロ磐田でプロデビューを飾ると、2014年にはアルビレックス新潟、そして2018年に名古屋に移籍していた。

「自分のサッカー人生の残された時間を考え、このような決断に至りました」と、クラブの公式サイトで語った小林。「2年半、グランパスの選手としてサッカーをできたことを誇りに思います。加入したシーズンはJ1復帰、翌シーズンはJ1残留と貴重な経験を積ませていただきました。この経験を生かすためにも次のチャレンジに向かいます。最後にファン・サポーターの皆さん、いつもどんな時も変わらずに声援を送っていただき、本当にありがとうございました。また、お会いしましょう」と挨拶した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
45pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る