FOLLOW US

横浜FM、猛攻実らず清水に敗戦…清水は鮮やかなカウンターで3戦ぶり白星

2019.08.03

清水が横浜FMを下した[写真]=作網優樹

 明治安田生命J1リーグ第21節が3日に行われ、横浜F・マリノスがホームで清水エスパルスと対戦した。

 首位・FC東京を追いかけるため、勝ち点「3」を是が非でも勝ち取りたい横浜FMが、パスワークから清水ゴールに迫る。前線から連動した守備とパス回しでこじ開けようとするも、清水がなかなかネットを揺らさせない。


 後半に入り50分、先制したのは清水だった。中盤でボールをひっかけさせると、河井陽介がスルーパス一閃。グラウンダーのパスを前線に供給すると、西澤健太が抜け出す。GKとの1対1を制しあっという間に清水が先制した。

 球際で激しさを見せるこの試合は、拮抗したまま時間が進み、このまま試合終了。横浜FMの猛攻は点に結びつかず、清水にシーズンダブルを喫した。

【スコア】
横浜F・マリノス 0-1 清水エスパルス

【得点者】
0-1 50分 西澤健太(清水エスパルス

【スターティングメンバー】
横浜F・マリノス(4-3-3)
パク・イルギュ;広瀬陸人、伊藤槙人、畠中慎之輔、ティーラトン;喜田拓也、マルコス・ジュニオール(76分 三好康児)、扇原貴宏(64分 三好康児);仲川輝人、大津祐樹(88分 中川風希)、遠藤渓太

清水エスパルス(4-2-3-1)
西部洋平;エウシーニョ、吉本一謙(84分 中村慶太)、二見宏志、松原后;ヘナト・アウグスト、竹内涼;金子翔太(76分 立田悠悟)、河井陽介(65分 六平光成)、西澤健太;ドウグラス

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO