2019.07.25

復帰戦で攻撃の起点として躍動…関根貴大が第20節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

関根貴大
第20節のMVPに選出された浦和のMF関根貴大 [写真]=浦和レッズ
サッカー総合情報サイト

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第20節、アウェイでのジュビロ磐田戦の最多得票はMF関根貴大が獲得した。



 2年ぶりに浦和に復帰した関根が攻守においてピッチで存在感を示した。「チームが勝ったので、それが一番ほっとしています。正直、90分持つとは思っていなかったので、出し切ってやろうという思いで、自分の持てるすべての力を出して、攻守においてやろうと思っていました」。武器であるドリブルで攻撃のリズムを作りつつ、22分には橋岡大樹の得点をアシスト。復帰初戦でいきなりMVPに選出された。

■投票者のコメント
・今のレッズに必要な選手。気持ちでチームに活力を与える選手。
・出場可能となった試合でスタメン即1アシストの活躍。やはり彼がいれば仕掛けられます。関根おかえり!
・久しぶりの関根選手にワクワクが止まらなかった。そして期待どおり。
・おかえり。やっぱり関根選手のプレーは、見ていて楽しい。ナイスアシスト!!
・おかえりなさい! やはり関根選手は浦和に必要不可欠な漢ですね! 海外での経験を生かし、海外での鬱憤をこれからの試合で発散していってください! We Are REDS!!
・関根選手が後半戦のレッズを大きく変え快進撃に導いてくれると思わせてくれました。ボールを持てば局面を変えるドリブルをして、またアシスト含む2得点に絡むプレーを見て久しぶりにわくわくしました。次も連勝に導いてください!
・復帰戦でさっそく結果出してくれました。さすが関根選手。
・約2年振りとは思えないほど、サイドからのドリブル、2点目の股抜きクロス、3点目の起点と、チームにフィットし、凄く濃い内容!
・攻撃が活性化された。やはり関根選手がいるといないでは、攻撃の厚みが全然違う。
・古巣復帰いきなりの先発出場で、絶妙なクロスとキレのあるドリブルでチームの推進力となった。
・関根選手が戻ってチームの雰囲気が変わりました。これからもアシストとゴールを期待してます。
・関根選手おかえりなさい! 以前と変わらないドリブル力が見られて興奮しました! 走れるドリブラーがいるとこんなにも違うのかと改めて感じました。これからの活躍期待してます!
・関根選手が入っただけで、何かが起きそうでワクワクして試合が見れた。ボールを持ったら縦へ仕掛ける姿勢! もっともっとやってほしい!!
・3得点すべてに絡む活躍。停滞している浦和の攻撃を活性化。文句無しのMVP!
・海外から帰って来てすぐ、スタメン出場! 持ち味のドリブルに加え、対人も強くなり、ワンアシスト。次回以降、ゴールを期待します。
・縦への推進力で、チームを活気付けるプレーは圧巻でした。おかえりなさい!
・浦和に必要だった推進力、仕掛ける気持ち、期待大!!
・レッズ復帰戦でアシストを記録し、サポーターの雰囲気を最高にしてくれた!
・「帰ってくれば浦和は変わる」の興梠の言葉を現実にする圧倒的なパフォーマンスに感動しました。
・久しぶりにワクワクドキドキさせられました。やっぱりドリブルで仕掛ける人がいなくちゃ、浦和じゃない! 橋岡くんのゴールの後の関根くんと橋岡くんのハグは涙出そうでした。

■得票率
1.関根貴大(65.08%)
2.長澤和輝(14.6%)
3.興梠慎三(9.52%)
4.橋岡大樹(5.4%)
5.武藤雄樹(3.49%)
6.柴戸海(0.63%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、7月31日(水)第16節の鹿島アントラーズ戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。
初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/

主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
55pt
FC東京
53pt
横浜FM
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
69pt
横浜FC
64pt
山形
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
49pt
北九州
49pt
藤枝
49pt
Jリーグ順位をもっと見る