FOLLOW US

湘南MF秋野央樹、長崎へ期限付き移籍「J1昇格に向け100パーセントを注ぐ」

V・ファーレン長崎は湘南ベルマーレから秋野央樹を期限付きで獲得したことを発表した

 V・ファーレン長崎は24日、湘南ベルマーレからMF秋野央樹を期限付き移籍で加入したことをクラブ公式HPで発表した。なお、期限付き移籍間は2020年1月31日までとなっており、秋野は期間中に湘南と対戦する全ての公式戦に出場できないことも合わせて発表されている。

 秋野は1994年生まれの現在24歳で柏レイソルの下部組織出身。2013年にGK中村航輔らと共にトップチームに昇格すると2016シーズンにはリーグ戦23試合に出場した。2017年からは2シーズン湘南に期限付き移籍してプレーし、今シーズンに同クラブへの完全移籍を果たしていた。

 湘南で2年半プレーした秋野は同クラブ公式HPで以下の様にコメントしている。

「シーズン途中でチームを離れるのは苦渋の決断でしたが、V・ファーレン長崎に移籍することに決めました。ベルマーレで過ごした2年半はとても濃い時間でした。J2優勝、J1残留、そしてルヴァン杯優勝と様々な経験をさせてもらいました。その中でも僕の心に一番残っているのは毎日の馬入での練習です。どんな状況でも全員が競争し、誰一人手を抜く事なく100%でトレーニングをする。それこそが湘南スタイルだと感じました。ここで得たものをこれからのサッカー人生に生かしたいと思います。ベルマーレに関わる全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!」

 また、移籍先である長崎の公式HPでは以下の様にコメントを発表している。

V・ファーレン長崎に関わるすべての皆さま、はじめまして秋野央樹です。このチームの一員になれたことを誇りに思います。1日でも早くチームに馴染み、認めてもらえるように戦います。そして、J1昇格に向け自分の力の100パーセントを注ぎます。たくさんの応援よろしくお願いします!」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA