FOLLOW US

京都、G大阪からMF藤本淳吾を期限付き移籍で獲得「サッカーを楽しむ」

京都サンガF.C.はガンバ大阪から藤本淳吾を期限付き移籍で獲得した

 京都サンガF.C.は15日、ガンバ大阪からMF藤本淳吾を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までとなる。

 藤本は1984年生まれの現在35歳。清水エスパルスでプロキャリアをスタート。その後、名古屋グランパスと横浜F・マリノスを経て2016年にG大阪へ加入した。今季の明治安田生命J1リーグでは2試合、2019JリーグYBCルヴァンカップでは6試合に出場していた。これまでJ1通算328試合出場54得点を記録している。

 期限付き移籍にあたり、藤本はG大阪に対して以下のようにコメントしている。

「3年半お世話になりました。レベルが高いチームで楽しく出来た事は凄く良かったです。あまり勝利に貢献できた試合は多くはなかったかもしれないですけれど、3年半もの間、ガンバに入れるとは思っていなかったので、楽しい思い出しかないです。本当に有難うございました」

 そして加入する京都には以下のようにメッセージを寄せている。

「夏のタイミングでの移籍は初めてだし、試合までの時間も短いので、自分の良さとサッカーを楽しむということを忘れないで頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA