2019.06.01

浦和がラストワンプレーで追いつき連敗脱出! 川崎は痛恨ドローも10戦負けなし

川崎フロンターレ、浦和レッズ
浦和は試合終了間際に追いついて連敗から抜け出した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第14節が行われ、川崎フロンターレ浦和レッズをホームに迎えた。



 浦和は2分に早速ゴールネットを揺らすが、オフサイドポジションにいた興梠慎三が関与したとしてゴールとはならなかった。一方の川崎は10分、登里享平のスルーパスから長谷川竜也が抜け出し、そのクロスに小林悠が合わせるがミートできず先制点のチャンスを逃す。さらに23分には谷口彰悟がヘディングでシュートを放つも枠を外れる。

 浦和は29分、マルティノスが勢いのあるヘディングシュートでゴールを狙うが枠を捕えることはできない。対する川崎は33分、長谷川がカットイン放ったシュートは相手GKにキャッチされてしまう。一進一退のせめぎあいを繰り広げた両チームだが得点は奪えず、スコアレスで前半を折り返した。

 後半に入ると川崎がついに均衡を崩す。54分、登里のクロスにレアンドロ・ダミアンが合わせて先制に成功する。しかし、浦和は試合終了間際のラストワンプレーで意地を見せる。コーナーキックで混戦となったゴール前で森脇良太が放ったシュートは相手DFに当たってコースを変え、そのままゴールに吸い込まれて同点ゴールとなった。

【スコア】
川崎フロンターレ 1-1 浦和レッズ

【得点者】
1-0 54分 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ
1-1 90+5分 森脇良太(浦和レッズ

【スターティングメンバー】
川崎フロンターレ(4-4-2)
チョン・ソンリョン;車屋紳太郎(78分 マギーニョ)、谷口彰悟、ジェジエウ、登里享平;家長昭博、長谷川竜也、大島僚太、守田英正;小林悠(87分 知念慶)、レアンドロ・ダミアン(87分 山村和也)

浦和レッズ(3-1-4-2)
西川周作;岩波拓也、マウリシオ、槙野智章;青木拓矢;岩武克弥(57分 森脇良太)、宇賀神友弥、柴戸海、マルティノス(55分 荻原拓也);武藤雄樹、興梠慎三(69分 杉本健勇)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る