2019.05.17

川崎と名古屋の上位対決は1-1のドローに…L・ダミアンが同点弾を記録

レアンドロ・ダミアン
同点弾を記録したレアンドロ・ダミアン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第12節が行われ、川崎フロンターレ名古屋グランパスと対戦した。



 攻撃的なサッカーを志向するチーム同士の対決は互いに主導権を譲らない激しい攻防が続き、なかなか決定機までには至らない。

しかし0-0でハーフタイムに突入するかと思われた45分、名古屋がセットプレーから先制に成功する。自陣からのFKをジョーが頭で落とすと、反応したマテウスが胸でのコントロールから左足を振り抜いた。

 同点を目指す川崎は後半に入ってレアンドロ・ダミアンや齋藤学を次々と投入。すると69分、そのL・ダミアンがチョン・ソンリョンのロングボールに競り勝って長谷川竜也へ送る。そのままゴール前へ走り込んだL・ダミアンは、長谷川のリターンを受けて右足シュートをニアサイドに打ち込んだ。川崎の交代策が功を奏し、同点に追いついた。

 その後は両チームともに勝ち越し点を挙げることはできず、1-1のドローでタイムアップ。上位対決は痛み分けとなった。川崎は次節、敵地で大分トリニータと、名古屋は本拠地で松本山雅FCとそれぞれ対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 1ー1 名古屋グランパス

【得点者】
45分 0-1 マテウス(名古屋グランパス
69分 1-1 レアンドロ・ダミアン川崎フロンターレ

【スターティングメンバー】
川崎フロンターレ(4-4-2)
チョン・ソンリョン;馬渡和彰、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平;田中碧(55分 L・ダミアン)、中村憲剛(79分 脇坂泰斗)、大島僚太;長谷川竜也、知念慶、阿部浩之(60分 齋藤学)

名古屋グランパス(4-4-2)
ランゲラク;宮原和也(81分 相馬勇紀)、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊;ガブリエル・シャビエル、米本拓司、ジョアン・シミッチ、マテウス(56分 和泉竜司);長谷川アーリアジャスール(84分 前田直輝)、ジョー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る