2019.04.19

豪快ボレーで勝ち点3をもたらす…エヴェルトンが第7節の『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

エヴェルトン
第7節のMVPに選出されたエヴェルトン [写真]=浦和レッズ
サッカー総合情報サイト

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第7節、アウェイでのガンバ大阪戦の最多得票はMFエヴェルトンが獲得した。



 前節は横浜F・マリノスを相手に0-3の敗戦を喫した浦和。4月9日に開催されたAFCチャンピオンズリーグの全北現代モータース戦も含めると、公式戦3試合で勝利から遠ざかっていた。この状況を打破すべく、G大阪戦は果敢に攻撃を仕掛けていく。相手ゴールをこじ開けたのは試合終盤の87分。コーナーキックのこぼれ球をエヴェルトンが豪快なボレーシュートで蹴り込んだ。値千金のゴールで勝利に貢献しただけでなく、攻守において存在感を発揮したエヴェルトン。80パーセント以上の票を集め、初めてのMVPに選出されている。

■投票者のコメント
・前半から可能性を感じるシュートを打ってチームに勢いをつけていました。後半の決勝ゴールもチームを救うゴール、連敗ストップ!!!
・初めての日本に、慣れないポジション等々、たくさんの迷いがあったであろうエヴェルトン。そんな中、チームのために闘ってきた選手に「勝ち点3」というこれ以上ない“結果”がついてきた試合。これを機に浦和の中心として、今シーズンを引っ張ってもらいたい。
・値千金のゴール! これ以外に何があるのか。 チームに欠かせない存在になったと思います。
・久しぶりの勝ち点3をもたらす豪快なシュートでした! シュートシーン以外でもチームのための献身的なプレーが目立ち良かったです!
・日本初ゴールおめでとう! ミドル感動した!! アウェイ負けなしは強い! あとはホームで勝つのみ! we are reds!!
・待望の来日初ゴール。 走行距離チーム1位。 攻守に渡ってハードワークをし、チームの勝利に貢献した。
・あの1点のおかげで明日からの仕事も頑張れる!
・前半から積極的にプレスをかけ相手の攻撃の芽を摘んだり、攻撃の起点にもなっていた。連戦かつ試合終盤で疲れている中、ダイレクトでコースを狙ったあのシュートは技術力の高さがなきゃできない! 助っ人にふさわしい活躍でした!
・何度もミドルシュートを果敢に打ち続け、最後に見事にゴールに突き刺した。見事でした!
・「ここしかない!」というコースで決まったゴールに大喜びでした! 久しぶりに勝つ喜びを感じられて大興奮でした! ありがとう!!!

■得票率
1.エヴェルトン(81.77%)
2.マウリシオ (5.42%)
3.西川周作 (5.42%)
4.槙野智章 (1.72%)
5.橋岡大樹 (1.72%)
6.興梠慎三 (1.23%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は4月20日(土)第8節のヴィッセル神戸戦にて、実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/

主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
川崎F
28pt
鹿島アントラーズ
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
36pt
大宮
34pt
水戸
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
24pt
熊本
23pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る