2019.04.13

東京V、中盤3枚の新布陣を披露…渡辺皓太「続けていけばもっと良くなる」

渡辺は出場4試合目で待望の今季初ゴール [写真]=金田慎平
サッカーキング編集部

 ホームにFC琉球を迎えたJ2第9節、東京ヴェルディは後半アディショナルタイムに失点を喫し、勝ち点1獲得にとどまった。従来の『4−2−3−1』から、琉球戦では基本フォーメーションを『4−1–4–1』に変更。井上潮音が中盤のアンカーを務め、佐藤優平と渡辺皓太がインサイドハーフに入る布陣で臨んだ。



「前に行ける選手たちが揃っている。より強みを出すためのフォーメーション」というホワイト監督の言葉通り、中盤の3人が起点となり攻撃を組み立てていく。すると39分、渡辺が前を向いて仕掛けると、佐藤との連係から鮮やかなシュートを突き刺した。

 新布陣の本格的な導入は「今週から」だというが、「練習から良かったし、続けていけばもっと良くなる」と渡辺は手応えを語る。その一方で守備での課題も明確となった。

「守備ではなかなかボールを奪えなかったですし、中盤からのプレス、カバーが必要だと感じました。もっと運動量を増やしていかないといけません。あとはアンカーの脇の締め方。守備の連係が大事になってくるので、もっと詰めていきたいと思います」

 次節はホームでアルビレックス新潟と対戦する。渡辺は「自分的にもこのフォーメーションはやりやすい。今後はもっと得点・アシストに絡んでいきたい」と意気込んだ。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
30pt
山形
28pt
甲府
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る