2019.03.27

鹿島、小笠原満男氏に功労賞授与…40歳の誕生日・名古屋戦前にセレモニー

小笠原満男
昨季限りで現役を引退した小笠原満男氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 鹿島アントラーズは27日、昨季限りで現役を引退した小笠原満男アカデミー・アドバイザーに「アントラーズ功労賞」を授与することが決まったと発表した。



 アントラーズ功労賞とは「クラブの発展に寄与した人物をたたえるため2008年に制定」されたもの。「功労賞受賞者はカシマサッカーミュージアム内にある『アントラーズ殿堂』に掲額され、小笠原氏は18人目の受賞者となる」と、鹿島は公式HPにて紹介している。

 鹿島は4月5日の明治安田生命J1リーグ第6節・名古屋グランパス戦のキックオフ前に授賞式を開催すると併せて発表。当日は小笠原氏の40回目の誕生日でもある。

 なお授与理由については、以下のように説明されている。

「『ゴールデンエイジ』と呼ばれた1998年加入組の1人で、計17個の主要タイトルをクラブにもたらした。司令塔として試合の流れを的確に読む能力に秀で、1999年のワールドユース選手権では準優勝に貢献。FIFAワールドカップは2002年と2006年に、2大会連続出場を果たした。2006年のイタリア・メッシーナ移籍を経て、2007年アントラーズ復帰を果たし、以降は攻守の要となるボランチを主戦場にチームをけん引。クラブ悲願のAFCアジアチャンピオンズリーグ果たした2018年にスパイクを脱いだが、今季からアカデミーアドバイザーに就任し、今なおクラブに尽力し続けている」

 小笠原氏は1979年生まれの39歳。大船渡高校出身で、1998年に鹿島へ加入した。日本代表でもともにプレーすることとなるGK曽ヶ端準やMF本山雅志(現・ギラヴァンツ北九州)、MF中田浩二(現・鹿島C.R.O/クラブ・リレーションズ・オフィサー)らと同期加入で、2006年途中から1年間に渡ってメッシーナでプレーした期間以外は、鹿島で活躍を続けてきた。7度ものJ1制覇をはじめ、獲得した主要クラブタイトルは17を数える。Jリーグベストイレブンには2001年~2005年と2009年、計6回も名を連ねている。

 キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで525試合出場69得点、JリーグYBCルヴァンカップで63試合出場8得点、天皇杯で59試合出場11得点、Jリーグチャンピオンシップで7試合出場1得点、ACLで44試合出場3得点、アジアクラブ選手権で9試合出場2得点、FIFAクラブワールドカップで4試合出場、アジアカップウィナーズカップで2試合出場1得点、A3マツダチャンピオンズカップで3試合出場1得点、ゼロックススーパーカップで6試合出場、スルガ銀行チャンピオンシップで3試合出場を記録している。クラブでの公式戦通算出場数は725試合、96得点だった。

 また日本代表としても活躍し、U-19代表の一員として1999年のワールドユース準優勝に貢献。2002年にA代表デビューを果たし、国際Aマッチ通算55試合に出場(7得点)した。2002年の日韓共催大会、2006年のドイツ大会と、FIFAワールドカップにも2度出場している。

 今月8日に鹿島のアカデミー・アドバイザー就任が発表された小笠原氏。クラブへの貢献を続けるレジェンドに、功労賞が授与されることとなった。なお、「アントラーズ功労賞」の歴代受賞者は以下の通り。

秋田豊氏、新井場徹氏、アルシンド氏、オズワルド・オリヴェイラ氏、黒崎久志氏、ジーコ氏、ジョルジーニョ氏、相馬直樹氏、ダニー石尾氏(故人/元スタジアムDJ)、トニーニョ・セレーゾ氏、中田浩二氏、名良橋晃氏、長谷川祥之氏、ビスマルク氏、本田泰人氏、宮本征勝氏(故人)、柳沢敦氏

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る