FOLLOW US

岐阜DF北谷史孝、左ひざじん帯損傷で離脱…徳島戦で負傷、全治約2カ月

明治安田生命J2リーグ第3節を終えて7位につけているFC岐阜

 FC岐阜は10日、DF北谷史孝が左ひざ関節内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月3日の明治安田生命J2リーグ第2節・徳島ヴォルティス戦で負傷。全治は約2カ月と診断されている。

 北谷は1995年生まれの23歳。興國高校から2014年に横浜F・マリノスに加入した。2016年はレノファ山口FCへ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグ全42試合中38試合に出場、1得点を記録。横浜FMとの契約が満了となり、2017年に長崎へ加入した。そして昨年5月末、岐阜へ期限付き移籍で加入。明治安田生命J2リーグで11試合に出場した。今季開幕前に完全移籍へ移行し、明治安田生命J2リーグ第3節終了時点で2試合に出場。開幕戦はフル出場を果たしたものの、負傷した徳島戦は49分に交代した。

 岐阜は明治安田生命J2リーグ第3節を終えて2勝1敗、勝ち点「6」で7位。次節は17日、鹿児島ユナイテッドFCをホームに迎える。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA