FOLLOW US

横浜FMの新たな“アクセント”に…マルコスJr「自分たちの攻撃的なサッカーができた」

マルコス・ジュニオールはPK獲得で開幕連勝に貢献した [写真]=金田慎平

 横浜F・マリノスはベガルタ仙台を2-1で下し、2年ぶりの開幕連勝を飾った。今季新加入のマルコス・ジュニオールは切れ味鋭いドリブルで“アタッキングフットボール”の新たなアクセントとなっている。

 25分には広瀬陸斗との連係から抜け出すと、先制点につながるPKを奪取した。「今日は自分たちの攻撃的なサッカーができたし、いい試合だったと思う。その中で自分もいいパスを受けてPKを獲得できた。けど、何よりも良かったのはチームが勝てたこと」と勝利の立役者は胸を張った。またアンジェ・ポステコグルー監督が掲げる攻撃的なスタイルにも「慣れてきた」と手応えを感じ始めている。

「基本は左サイドに開いているけど、サイドに張るだけではなく、中央に入って行くプレーも心掛けている。中と外を混ぜながらできているし、ボールを失ってからの切り替えも速い。そこはチームとして上手くできていると思う」

 次戦は川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”。前所属のフルミネンセでは宿敵フラメンゴとのダービーマッチをはじめ、「ここぞ!」という場面でゴールを決め、サポーターから愛される存在だった。来日初ゴールに期待はかかるが「自分のゴールばかりを考えていると決めれないもの」と本人は至って冷静だ。「いい準備をして、自分たちのサッカーをすればゴールは生まれるし、自分にもそのチャンスが巡ってくると思う。ただ、何よりも大事なのはチームの勝利」とフォア・ザ・チームの精神で、J1王者との一戦に臨むことを誓った。

文=三島大輔

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA