2019.02.23

攻撃陣躍動の横浜FM、3ゴールで白星発進! G大阪・遠藤保仁は20年連続先発出場

三好康児
逆転ゴールを決めた三好康児 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 2019明治安田生命J1リーグ第1節が23日に行われ、ガンバ大阪と横浜F・マリノスが対戦した。

 試合は開始早々にホームのG大阪が先手を取る。1分、ファン・ウィジョのシュートがポストに当たったところを小野瀬康介が冷静に押し込んだ。しかし横浜FMもすぐに反撃に出る。3分、ゴール前のこぼれ球に反応した仲川輝人が押し込み、試合は振り出しに戻った。

 ここからは横浜FMが試合の主導権を握り、相手陣内に押し込む。すると34分、ペナルティエリア手前右でこぼれ球を拾った三好康児が左足の強烈なシュートを突き刺し、逆転に成功した。さらに38分にはエリア内に抜け出したエジガル・ジュニオがループシュートで追加点を奪い、リードが2点に広がった。

 G大阪は終了間際の88分に藤春廣輝のゴールで1点を返したが、試合はこのままタイムアップ。横浜FMが3-2で開幕戦を制した。なお、この試合に出場したG大阪の遠藤保仁は20年連続開幕戦先発というJリーグ新記録を樹立した。

 次節、G大阪は3月2日にアウェイで清水エスパルスと、横浜FMは同日にホームでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 2-3 横浜F・マリノス

【得点者】
1-0 1分 小野瀬康介(G大阪)
1-1 3分 仲川輝人(横浜FM)
1-2 34分 三好康児(横浜FM)
1-3 38分 エジガル・ジュニオ(横浜FM)
2-3 88分 藤春廣輝(G大阪)

【スターティングメンバー】
G大阪(4-4-2)
東口順昭;オ・ジェソク、三浦弦太、金英權、藤春廣輝;小野瀬康介(71分 渡辺千真)、高宇洋(60分 田中達也)、遠藤保仁(85分 矢島慎也)、倉田秋;ファン・ウィジョ、アデミウソン

横浜FM(4-3-3)
飯倉大樹;広瀬陸斗、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼;三好康児、喜田拓也、天野純;仲川輝人(89分 大津祐樹)、エジガル・ジュニオ(82分 李忠成)、マルコス・ジュニオール(75分 遠藤渓太)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る