2019.02.20

いよいよ27年目のJリーグ開幕…編集部がセレクト! 今季期待の“新戦力”11名を紹介

J1期待の新戦力たち [写真]=Getty Images、J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 2月22日、27年目の明治安田生命Jリーグが幕を開ける。開幕に先立ち、今季期待の新戦力11名を紹介する。

鈴木武蔵

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1994年2月11日(25歳)
身長・体重:185cm・74kg
出身地:ジャマイカ

所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌
ポジション:FW
背番号:9
利き足:右
経歴:韮川西小サッカースポーツ少年団→FCおおたJrユース→桐生第一高→アルビレックス新潟→水戸ホーリーホック→アルビレックス新潟→松本山雅FC→V・ファーレン長崎→北海道コンサドーレ札幌

プロ入り前から高い評価を受けていたスピードとパワーに加え、長崎で決定力が備わり、昨季は自己最多の11得点をマーク。名古屋戦ではハットトリックも記録した。さらなる飛躍を求めて、攻撃的なサッカーを志向する札幌へ移籍。昨季からチームを率いるペトロヴィッチ監督のもとで“大化け”する可能性を秘めている。

白崎凌兵

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1993年5月18日(25歳)
身長・体重:181cm・70kg
出身地:東京都

所属クラブ:鹿島アントラーズ
ポジション:MF
背番号:41
利き足:右
経歴:東京BIGスポーツクラブ→横河武蔵野FC→FC東京U-15むさし→山梨学院大附属高→清水エスパルス→カターレ富山→清水エスパルス→鹿島アントラーズ

山梨学院高校時代はアタッカーとしてその名を馳せたが、プロ入り後は得意の2列目に加えてボランチも経験し、中盤のチャンスメーカーへと変貌。豊富な運動量でボールに関与し、攻撃のリズムを生み出す役割を担ってきた。そして今季からアジア王者・鹿島の一員に。「4冠」を目指すチームで新たな中盤の要となる。

山中亮輔

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1993年4月20日(25歳)
身長・体重:171cm・65kg
出身地:千葉県

所属クラブ:浦和レッズ
ポジション:DF
背番号:6
利き足:左
経歴:柏レイソルU-12→柏レイソルU-15→柏レイソルU-18→柏レイソル→ジェフユナイテッド千葉→柏レイソル→横浜F・マリノス→浦和レッズ

ポステコグルー監督率いる横浜FMでは持ち前の攻撃力がさらに開花。オーバーラップではなく、ピッチ中央へと切り込むインナーラップを繰り返し、強烈なミドルシュートで4得点を記録した。3バックを基本布陣とする浦和では、左ウイングバックでの起用が濃厚。今季は宇賀神、荻原との激しいポジション争いに挑む。

レアンドロ・ダミアン

[写真]=Getty Images

生年月日:1989年7月22日(29歳)
身長・体重:188cm・90kg
出身地:ブラジル

所属クラブ:川崎フロンターレ
ポジション:FW
背番号:9
利き足:右
経歴:アトレチコ・イビラマ(ブラジル)→ドーゼ・デ・オウトゥブロ(ブラジル)→マルシリオ・ジアス(ブラジル)→ツバラン(ブラジル)→インテルナシオナル(ブラジル)→サントス(ブラジル)→クルゼイロ(ブラジル)→ベティス(スペイン)→フラメンゴ(ブラジル)→インテルナシオナル(ブラジル)→川崎フロンターレ

ロンドン五輪で得点王に輝いた世界的ストライカーがJ1王者に加わった。開幕に先立って行われたFUJI XEROX SUPER CUPでは、攻撃を組み立てるポストプレー、最前線からの果敢なプレス、そして左足での強烈な一発で勝利に貢献。川崎サポーターの心をガッチリ掴み、元ブラジル代表の実力を遺憾なく発揮してみせた。

エウシーニョ

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1989年11月30日(29歳)
身長・体重:180cm・78kg
出身地:ブラジル

所属クラブ:清水エスパルス
ポジション:DF
背番号:18
利き足:右
経歴:ジーナス(ブラジル)→ビリェナ(ブラジル)→グレミオ・マリンガ(ブラジル)→ヘモ(ブラジル)→ナショナル(ブラジル)→CRB(ブラジル)→フィゲレンセ(ブラジル)→ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)→アメリカ・ミネイロ(ブラジル)→川崎フロンターレ

4季在籍した川崎では思い切りのいいオーバーラップを連発し、サイドバックとしては規格外の攻撃力を発揮。「そこにエウソン!」はお馴染みのワードとなった。清水には日本代表の北川、後半戦15試合で11得点を決めたドウグラスと強力なストライカーがいる。エウシーニョの加入でさらなる攻撃力アップが見込めそうだ。

マテウス

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1994年9月11日(24歳)
身長・体重:167cm・69kg
出身地:ブラジル

所属クラブ:名古屋グランパス
ポジション:FW
背番号:11
利き足:左
経歴:バイーア(ブラジル)→大宮アルディージャ→バイーア(ブラジル)→大宮アルディージャ→名古屋グランパス

昨季は12得点8アシストを記録し、大宮をけん引。圧倒的な個の能力を見せつけたブラジル人アタッカーがJ1に参戦する。同じ左利きの前田や“不敗神話”を誇る相馬ら、スタメン争いは熾烈を極めそうだが、名古屋のまた新たな攻撃のアクセントになりそうだ。同胞のガブリエル・シャビエル、ジョーとの連係にも注目したい。

キム・ヨングォン

[写真]=Getty Images

生年月日:1990年2月27日(28歳)
身長・体重:186cm・74kg
出身地:大韓民国

所属クラブ:ガンバ大阪
ポジション:DF
背番号:19
利き足:左
経歴:全州大(韓国)→FC東京→大宮アルディージャ→広州恒大(中国)→ガンバ大阪

ファビオの退団で補強ポイントとなっていたセンターバック。かつてJリーグでプレーした現役の韓国代表DFに白羽の矢が立ち、1月下旬に獲得が発表された。空中戦の強さはアジア屈指で利き足の左足からの正確なフィードで攻撃の起点にもなれる。宮本ガンバの“ラストピース”として攻守両面でチームを支えていく。

奥埜博亮

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1989年8月14日(29歳)
身長・体重:171cm・68kg
出身地:大阪府

所属クラブ:セレッソ大阪
ポジション:MF
背番号:25
利き足:右
経歴:ベガルタ仙台Jrユース→ベガルタ仙台ユース→仙台大→ベガルタ仙台→V・ファーレン長崎→ベガルタ仙台→セレッソ大阪

2015年には自己最多の7得点を記録するなど、攻撃力が持ち味のプレーヤーだったが、近年はポジションを1列下げボランチでの起用も増えている。ボランチに加えてサイド、トップ下、最前線と複数ポジションを高水準でこなす。ロティーナ新監督のもと、攻撃的サッカーの確立を目指すチームで中盤の軸となりそうだ。

ダビド・ビジャ

[写真]=Getty Images

生年月日:1981年12月3日(37歳)
身長・体重:174cm・68kg
出身地:スペイン

所属クラブ:ヴィッセル神戸
ポジション:FW
背番号:7
利き足:右
経歴:スポルティング・ヒホン(スペイン)→レアル・サラゴサ(スペイン)→バレンシア(スペイン)→バルセロナ(スペイン)→アトレティコ・マドリード(スペイン)→メルボルンシティ(オーストラリア)→ニューヨーク・シティ(アメリカ)→ヴィッセル神戸

昨年12月の最終節、突如ノエスタに姿を現すと、同日に来季の神戸加入を正式発表。スペイン代表の歴代最多得点記録を持つ世界屈指のストライカーがついにベールを脱ぐ。年齢は37歳とベテランの域に入っているが、前所属のニューヨーク・シティでは4季連続で二桁得点を記録。その決定力はいまだ健在だ。

野津田岳人

[写真]=J.LEAGUE

生年月日:1994年6月6日(24歳)
身長・体重:177cm・72kg
出身地:広島県

所属クラブ:サンフレッチェ広島
ポジション:MF
背番号:7
利き足:左
経歴:シーガル広島→サンフレッチェ広島Jrユース→サンフレッチェ広島ユース→サンフレッチェ広島→アルビレックス新潟→清水エスパルス→ベガルタ仙台→サンフレッチェ広島

武者修行から3季ぶりに復帰を果たした。クラブの“レジェンド”森崎浩司氏が長らく背負った「7」を継承し、生まれ育った広島の地で新たな挑戦をスタートさせる。武器である強烈な左足に加え、新潟と仙台ではボランチも経験し、プレーの幅を広げた。持っているポテンシャルを考えれば、今季ブレイクを果たす可能性は十分だ。

イサック・クエンカ

[写真]=Getty Images

生年月日:1991年4月27日(27歳)
身長・体重:179cm・68kg
出身地:スペイン

所属クラブ:サガン鳥栖
ポジション:MF
背番号:7
利き足:右
経歴:レウス・デポルティウ(スペイン)→バルセロナB(スペイン)→サバデル(スペイン)→バルセロナ(スペイン)→アヤックス(オランダ)→デポルティーボ・ラコルーニャ(スペイン)→ブルサスポル(トルコ)→グラナダ(スペイン)→ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)→サガン鳥栖

欧州ではバルセロナ、アヤックスといった名門クラブでプレー。緩急あるドリブルでチャンスを生み出すスペイン出身のアタッカーがJリーグに初参戦する。サバデル時代の師であるカレーラス新監督のもと、変革に挑む鳥栖にとっては重要なピースとなるだろう。トーレスとの“ホットライン”開通にも注目だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る