2019.02.14

元U23代表DF比嘉祐介、29歳で現役引退…先輩・中村俊輔にエールも

比嘉祐介
年代別代表で活躍した比嘉祐介(写真は2011年、U22代表) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 東京ヴェルディは14日、2018シーズンで契約満了となったDF比嘉祐介の現役引退が決定したと発表した。

 比嘉は1989年生まれの29歳。流通経済大学付属柏高校で高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会、第86回全国高等学校サッカー選手権大会を制覇し、流通経済大に進学した。同大学ではユニバーシアード日本代表に2度選出されたほか、U-20、21、22日本代表にも招集。2010年のアジア大会などに出場した。

 2012年に横浜F・マリノスへ加入。同年にはU-23日本代表の一員として、ロンドン・オリンピック最終予選のメンバーにも名を連ねた。2014年には京都サンガF.C.への期限付き移籍を経験。2015年には横浜FMへ復帰した後、2016年からは2年間に渡ってジェフユナイテッド千葉でプレーした。

 そして昨季開幕前、東京Vへ加入。公式戦の出場は天皇杯での1試合にとどまっていた。キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで2試合出場、明治安田生命J2リーグで35試合出場1得点、JリーグYBCルヴァンカップで10試合出場、天皇杯で11試合出場を記録している。

 現役引退にあたり、比嘉は以下のようにコメントしている。

「こんにちはヴェルディに関わる皆さん、1年間ありがとうございました!去年1年間、怪我をしてチームに迷惑ばかりかけて申し訳ありませんでした。自分のサッカー人生で1番苦しく、自分自身情けなく感じるシーズンでした。それでも、いつも声を掛けてくれるサポーターには感謝しかありません。『早くケガを治してピッチに立って下さい』の一言がリハビリのモチベーションでした。たまらなかったです!」

「そして、ご報告があります。2018年をもって現役を引退することを決めました!サッカーを始めてちょうど20年くらいですが、生活からサッカーが離れることはこの20年間なかったので不安もありますが、これからの第二の人生が長いので頑張って行きたいと思います。沖縄から出てきていろいろな人に会えて、いろいろな所に行けて、とてもいい経験になりました。流通経済大学柏高校の本田裕一郎先生、流通経済大学の中野雄二先生、本当にありがとうございました。お世話になったスタッフの皆さんにも感謝しかないです!」

「自分はJリーガーになってからは、試合には全然出ることができませんでしたが、プロ生活7年間はすごく楽しかったし、良い思い出しかありません。プレーする場を与えてくれた横浜F・マリノス、京都サンガF.C.、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディで関わった皆さん、そしていつも応援してくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

「今年からは自分もサポーターとして色々なスタジアムに行きたいと思っているので、スタジアムで見かけたら『GA-HI-』でも『比嘉さん』でもいいので、声を掛けてくれたら嬉しいです。サッカー3150(最高)!」

「あっ、しゅんさん(中村俊輔選手)いつ引退するか分からないですけど、絶対呼んでね!応援しています!」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る