2019.01.18

38歳MF二川孝広、FCティアモ枚方に完全移籍…昨季は栃木でプレー

二川孝広
FCティアモ枚方への移籍が決まった二川孝広 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は18日、元日本代表MF二川孝広がFCティアモ枚方(関西社会人サッカーリーグ1部)へ完全移籍することを発表した。同選手は今季、東京ヴェルディ栃木SCに期限付き移籍していた。

 移籍が決まり、二川はG大阪のクラブ公式HPでコメントを発表。「この度、FCティアモ枚方へ完全移籍することとなりました。ガンバ時代には多くのサポーター・ファンの皆さんに応援して頂き、本当に有難うございました。改めて感謝いたします。同じ大阪にあるチームで現役としてまだプレーをするので、引き続き応援してもらいたいと思います」とファン・サポーターにメッセージを送っている。

 また、同選手は期限付き移籍先の2クラブに対してもコメントを寄せた。東京Vには「前回のコメントと同じになりますが、加入の際に温かく迎えていただいたクラブの皆様、ファン・サポーターの皆様には、今も変わらず感謝しています。今後もヴェルディのことを応援しています。2年間本当にありがとうございました」と、栃木には「昨年4月からの加入でしたが、栃木のクラブの皆様、ファン・サポーターの皆様にはとても温かく迎えていただき感謝しています。初めてプレーする選手や久し振りにプレーする選手もいましたが、このチームでサッカーが出来て良かったと思っています。今後も栃木SCの事を応援しています。本当にありがとうございました」とそれぞれクラブ公式HPを通じてコメントしている。

 そして、同選手は新天地となるFCティアモ枚方のクラブ公式HPにコメントを寄せ、意気込みを述べた。

「この度、ガンバ大阪から加入しました二川孝広です。僕が育った高槻市の隣にある枚方市は、子供の頃からサッカーの試合などを通して馴染みのある場所でした。その枚方の地を拠点に活動するFC TIAMO枚方でプレーするチャンスをいただけたことをとても嬉しく思っています。チームが目指すJFL昇格を実現するために、共に戦うチームメイトや『サッカー』に対するリスペクトを忘れずに全力で戦います。よろしくお願いします」

 現在38歳の二川はG大阪の下部組織出身で、1999年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。2000年から出場機会を増やし、2005年、G大阪のJ1リーグ初優勝に貢献。2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇も経験した。2013シーズンを境に出番が減少し、2016年6月より東京Vへ期限付き移籍。昨季は東京Vから栃木SCに期限付き移籍し、J2リーグ戦7試合に出場していた。

 FCティアモ枚方は、かつてG大阪で二川とともにプレーした新井場徹氏がオーナーを務めるクラブ。1月4日にはMF野沢拓也の加入を発表していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
35pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
39pt
ユヴェントス
39pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る