2018.12.06

湘南が宮市亮の弟・剛との契約満了を発表…藤田征也も退団が決定

宮市剛、藤田征也
湘南退団が決まった宮市(左)と藤田(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 湘南ベルマーレは6日、FW宮市剛とMF藤田征也の2選手について契約満了に伴い来季の契約を更新しないと発表した。

 宮市は現在23歳。中京大学附属中京高校から2014年に湘南へ加入し、プロキャリアをスタートした。2015年は水戸ホーリーホックへ、2016年はガイナーレ鳥取へ期限付き移籍を経験。昨季は湘南に復帰したが、シーズン途中でMIOびわこ滋賀(JFL)へ期限付き移籍。今季はグルージャ盛岡に期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで29試合出場3ゴールを記録していた。ザンクト・パウリ(ドイツ2部)に所属するFW宮市亮は実の兄にあたる。湘南退団が決まり、宮市剛は次のようにコメントした。

「約1年半という短い期間でしたが、僕をプロサッカー選手にしてくれた湘南ベルマーレにはとても感謝しています。湘南では、曺監督をはじめ選手、スタッフのみなさんからたくさんの刺激を受け、取り組む姿勢を学ばせていただきました。湘南で過ごした1年半は僕の財産です。近い将来、湘南ベルマーレがJ1で優勝すると僕は思っています!1年半でしたが本当にありがとうございました」

 一方、藤田は現在31歳。コンサドーレ札幌、アルビレックス新潟でのプレーを経て、2014年3月に湘南へ期限付き移籍で加入した。同年はJ2リーグ戦38試合出場1得点をマークし、翌2015年より完全移籍に移行。しかし、徐々に出場機会を減らし、今季はJ1リーグ戦4試合の出場にとどまっていた。退団に際し、同選手は以下のようにコメントしている。

「5年間という時間の中で、湘南ベルマーレでは様々な経験をさせてもらいました。楽しいことも辛いこともたくさんありましたが、その全てが貴重な時間だったと感じています。湘南という街も、そしてベルマーレというチームも本当に好きなので、これから先サッカーを続けていく中で、また戻ってこられるような選手になりたいです。5年間支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る