2018.12.01

まさかの16位転落でPOへ…磐田・名波監督「残酷な結果を受け止めるのに必死」

名波浩
磐田の名波浩監督 [写真]=金田慎平
サッカー総合情報サイト

 ジュビロ磐田は12月1日に行われた2018明治安田生命J1リーグ最終節で川崎フロンターレに逆転負けを喫し、16位でJ1参入プレーオフを戦うこととなった。試合後、名波浩監督が会見で心境を語った。



 試合前の時点で13位に位置していた磐田は引き分け以上で自力での残留が決定、敗れた場合でも下位3チームのいずれかが勝ち点を落とせば残留となる優位な立場にいた。そして78分にはFW大久保嘉人のゴールで先制。目標達成に大きく近づいたはずだった。しかし、83分にCKから同点ゴールを奪われると、後半アディショナルタイム4分に逆転を許した。結果は1-2の敗戦。そして他会場では湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、名古屋グランパスがそれぞれ1ポイントを積み上げ、得失点差でこの3チームを下回る磐田は一気に16位へ転落した。

 名波監督は「敗戦の後に話すほど、まだまだ人間ができていないので。今は、この残酷な結果を受け止めるのに必死で」とショックを隠しきれない様子でコメント。それでも「メンタル的にこれで落ちないようにしたいと思います。通常でしたら3チームが降格だったと思うので、今シーズンのレギュレーションに助けられた。入れ替え戦は必死になって戦いたいと思います」と前を向いた。

 J1参入プレーオフは2日に2回戦が行われ、J2リーグ3位の横浜FCと同6位の東京ヴェルディが対戦。その勝者が8日に磐田と対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る