2018.11.29

バレンシア指揮官がフェライニの“ハンド疑惑”に言及「これがサッカー」

マルセリーノ監督
バレンシアを率いるマルセリーノ監督 [写真]=LightRocket via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が27日に行われ、グループHではマンチェスター・Uがヤング・ボーイズに1-0で勝利した。この試合ではベルギー代表MFマルアン・フェライニの決勝点について“ハンド疑惑”が浮上しているが、同組のバレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は「これがサッカー」と語っている。

フェライニ

ハンド疑惑が浮上しているフェライニのゴール [写真]=Getty Images

 フェライニの得点シーンを巡っては、同選手が反転した際に手がボールに触れているのではと指摘されており、“疑惑のゴール”となっている。このゴールが決勝点となり、マンチェスター・Uは勝ち点を「10」に伸ばし、決勝トーナメント進出が決定。しかし、仮にこのゴールが反則で認められず、0-0で終わっていた場合には、勝ち点「5」の3位・バレンシアは最終節に決勝トーナメント進出の望みをつなぐことができていた。バレンシアとしては悔やまれる結果となっているが、マルセリーノ監督は判定について不満を述べることはしなかった。

「(フェライニのゴールがハンドだった可能性について)もちろん知っているよ。誰かが教えてくれたが、解決策はない。だからサッカーは素晴らしいんだ。些細なことで全てが変わってしまう。私の唯一の懸念は、世界最高のクラブを決めるCLで未だにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されていないことだ。だが、それは意味のない慰めだし、これがサッカーというものだね」

「このグループでは、あるチーム(マンチェスター・U)が実質的には勝ち点6を後半アディショナルタイムに獲得している。これがサッカーだよ。我々は自分たちに集中して、チームの競争のレベルを考えなくてはいけない。これが前進して立ち直る方法だ。これからは欧州の大会は忘れて、ラ・リーガと1月からのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)に集中する。そして、チームとしても個人としても成長し続けるよ」

 マルセリーノ監督はこのように語り、グループステージ敗退という結果を受け入れた。現状、CLでのVAR導入は「2019-20シーズンから」。ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)が今大会の決勝トーナメントからの導入を検討していることが明らかとなっている。フェライニの一件によって、VARの早期導入に向けた動きが加速していくかもしれない。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る