2018.11.29

大岩監督&高倉監督がアジア最優秀監督に! 年間最優秀国際選手は長谷部

大岩剛、高倉麻子
大岩剛監督(左)と高倉麻子監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーンのマスカットで年間表彰式「AFCアニュアルアウォーズ2018」を開催し、各賞の受賞者を発表した。

 年間最優秀監督賞は、日本人が独占する結果に。男子は、鹿島アントラーズを初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に導いた大岩剛監督が初受賞。女子は、AFC女子アジアカップ2連覇を達成した日本女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督が2年連続6度目の栄光に輝いた。

 一方、年間最優秀選手賞は男女ともに日本人の受賞とはならなかった。男子は鹿島からFW鈴木優磨とMF三竿健斗がノミネートされていたが、選出されたのはカタール代表DFアブデルカリム・ハッサン(アル・サッド)。2009年・MF遠藤保仁(ガンバ大阪)以来9年ぶりとなる日本人選手の受賞を逃した。女子はDF熊谷紗希(リヨン)がノミネートされていたものの、こちらも落選。中国女子代表FW王霜(パリ・サンジェルマン)が受賞した。

 なお、AFC外でプレーする選手に贈られる年間最優秀国際選手賞は、キャプテンとして日本代表を2018 FIFAワールドカップ ロシアでベスト16に導いたMF長谷部誠(フランクフルト)が選出された。日本勢の受賞は、2016年のFW岡崎慎司(レスター)以来となる。

 その他では、2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランスを制したU-20日本女子代表(ヤングなでしこ)のFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)が女子の最優秀ユース選手賞に。また、同代表の池田太監督が特別賞を受賞した。また、タイの洞窟遭難事故で救出された13人の少年が所属する地元のサッカーチーム、Wild Boars FCも特別賞を贈られている。

 発表された各賞は以下の通り。

■ダイヤモンド・オブ・アジア(長らくサッカーに貢献した個人)
張吉竜(元AFC会長)

■AFC会長特別賞
池田太(U-20女子日本代表監督)
Wild Boars FC(タイ)

■AFC年間最優秀協会賞
▼インスパイリング部門
日本サッカー協会

▼デベロッピング部門
北朝鮮サッカー協会

▼アスパイアリング部門
モンゴルサッカー連盟

■草の根サッカーに対するAFC会長賞
▼インスパイリング部門
中国サッカー協会

▼デベロッピング部門
シンガポールサッカー協会

▼アスパイアリング部門
パレスチナサッカー協会

■AFCフットサル年間最優秀選手賞
アリ・アスガル・ハッサンザデフ(イラン)

■AFC年間最優秀監督賞
男子:大岩剛(鹿島アントラーズ)
女子:高倉麻子(日本女子代表)

■AFC年間女子最優秀選手賞
王霜(中国女子代表/パリ・サンジェルマン)

■AFC年間最優秀選手賞
アブデルカリム・ハッサン(カタール代表/アル・サッド)

■AFC審判特別賞
アリレザ・ファガニー(イラン)
レザ・ソクハンダン(イラン)
モハメッドレザ・マンスーリ(イラン)

■AFC年間最優秀ユース選手賞
女子:宝田沙織(U-20日本女子代表/セレッソ大阪堺レディース)
男子:トゥルキ・アル・アマル(U-19サウジアラビア代表/アル・シャバブU-23)

■AFC年間最優秀国際選手賞
長谷部誠(元日本代表/フランクフルト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
45pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る