2018.11.21

FC東京、梶山陽平の引退セレモニーを実施…J1・J3のホーム最終戦

梶山陽平
今季限りで現役を引退する梶山陽平(写真は昨季) [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 FC東京は20日、今季限りで現役を引退するMF梶山陽平(アルビレックス新潟へ期限付き移籍中)の引退セレモニー実施を発表した。

 梶山については今月14日、今季限りでの現役引退が発表された。当時の発表では、今月24日に味の素スタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第33節・川崎フロンターレ戦で引退セレモニーが行われる予定と伝えられていたが、同試合に加えてFC東京U-23の明治安田生命J3リーグホーム最終戦でもセレモニーが実施されることが決まった。

 梶山の引退セレモニー実施概要は以下の通り。

▼11月23日(金・祝)明治安田生命J3リーグ第33節
FC東京U-23 vs AC長野パルセイロ(14時キックオフ/味の素フィールド西が丘)

・試合前の出迎え(試合前の開門時にファン・サポーターを出迎え/Aゲートにて、12時30分から15分程度)
・試合終了後の場内一周(FC東京U-23の選手・スタッフと一緒に場内を周回)

▼11月24日(土)明治安田生命J1リーグ第33節
FC東京 vs 川崎フロンターレ(14時キックオフ/味の素スタジアム)

・引退セレモニー実施
試合終了後、ファン・サポーターへ挨拶(ピッチ上・センターサークル)

 梶山は1985年生まれの33歳。FC東京の下部組織から2004年にトップチームへ昇格した。同年はJリーグヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)優勝を経験。2009年にも同大会制覇に貢献したほか、2011年はJ2リーグと天皇杯を制している。2013年にはパナシナイコス(ギリシャ)、大分トリニータでもプレーした。翌2014年より再びFC東京に所属。今季はJ1での出場機会がなく、7月に新潟に期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで3試合に出場した。キャリア通算では、J1リーグで267試合出場16得点、J2リーグで37試合出場6得点、J3リーグで13試合出場を記録。年代別の日本代表としても活躍し、2008年には北京オリンピックにも出場した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る