2018.11.19

J加盟10周年、J2復帰1年目終了…栃木が声明「どんな時でも前に進み続ける」

栃木SC
今季の明治安田生命J2リーグを17位で終えた栃木SC
サッカー総合情報サイト

 栃木SCは19日、「栃木SCを支えてくれる皆様へ」と題した声明を公式HPに掲載した。

 栃木は今季、3年ぶりに復帰した明治安田生命J2リーグで13勝11分け18敗、勝ち点「50」で17位フィニッシュだった。17日の最終節を終えて今季の公式戦全日程を終了し、以下のように声明を記している。

「トップチームは11月17日(土)の試合を終えて、2018シーズンのリーグ戦が終了いたしました。今年はJリーグ加盟10周年、そして3年ぶりにJ2の舞台でトップチームが戦うことができました」

「株主の皆様、スポンサー企業の皆様、ホームタウン宇都宮市をはじめとする自治体の皆様、サッカー協会の皆様、後援会の皆様、ボランティアの皆様、クラブに関わっていただいた多くの方たちのご支援、ご協力を受けてこの節目の年を迎え、そして無事に2018年のリーグ戦を終えることができました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございます」

「そしてファン、サポーターの皆様には今シーズン、どんな時も選手たちと共に闘っていただき、またクラブのさまざまな活動にご協力をいただいたこと、クラブをしっかりと支えてくれたこと、改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございます」

「J2復帰1年目の今年もいろいろなことがありましたが、多くの方たちと共に過ごせた1年はクラブにとっても本当に良い1年となり、成長するための良い経験になったと思っています。次の10年に向けて来シーズンもまた新たなチャレンジが始まります。どんな時でも前に進み続けることを追求し、一歩一歩皆様と共に成長していきたいと思っておりますので、来シーズンもどうぞよろしくお願いします」

「アカデミー各チームにつきましては、2018シーズンはまだまだ続いています。トップチームに負けないよう各チームがシーズン最後まで戦って参りますので、引き続き各チームへのご声援よろしくお願いいたします」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る