2018.11.18

京都、ジュロヴスキー監督&小島卓強化部長の退任を発表…今季J2で19位

ボスコ・ジュロヴスキー
退任が決まったジュロヴスキー監督 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 京都サンガF.C.は18日、ボスコ・ジュロヴスキー監督が今季限りで退任することを発表した。

 京都は、布部陽功監督体制2季目で今季スタートしたものの、明治安田生命J2リーグ第13節を終えた時点で2勝3分け8敗の勝ち点「9」で最下位に低迷したことで今年5月に布部監督が退任。昨季から京都のフィジカルコーチ兼コーチを務めていたジュロヴスキー氏が、シーズン途中に監督に就任した。12勝7分け23敗の勝ち点「43」で今季を19位で終え、J3降格は免れたものの退任となった。

 ジュロヴスキー監督はクラブ公式HPを通じてコメントを発表した。

「フロント、選手、ファン・サポーター、サンガに関わる全ての人たちに感謝しています。J2に残留し、最後の試合も勝って終わることができたことは、私にとって、サンガでのたくさんある思い出のひとつです。サンガがJ1に戻れることを心から願っています。Good luck in the future」

 また、今シーズンから強化部長を務めていた小島卓氏の退任も併せて発表されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る