2018.11.15

川崎フロンターレU-13の「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」参加が決定

川崎フロンターレ
14日、ベトナムで「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」の開催が発表された [写真]=川崎フロンターレ
サッカー総合情報サイト

 川崎フロンターレは14日、ベトナム南部の都市ビンズン省で開催される「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」に川崎フロンターレU-13が参加することを発表した。

 本大会は、日越外交関係樹立45周年を記念したもの。2013年にビンズン省で行われた「東急ビンズンガーデンシティカップ 2013」に招待され、親善試合を行ったことをきっかけに、川崎フロンターレは子供向けのサッカー教室やサッカークラブのアカデミーへの指導者派遣など、ベトナムでの活動を継続してきた。そこで今年、川崎フロンターレは例年の交流活動を生かし、ビンズン省を本拠地とするベカメックスビンズンFCとともに国際大会の開催を決定した。国際的な交流を通じた青少年の健全育成、多様な価値観の相互理解、日越サッカー事業の発展を目的に、来月14日から3日間にわたって開催される。

 開催地となるビンズン省は、ホーチミン市の北部に隣接する人口200万人を超えるエリア。国内で3番目の外国直接投資(FDI)融資の実績を誇り、今後の経済成長や郊外都市としての発展が注目されている。ベカメックスビンズンFCのホー・ホン・タック会長は、「この新都市が子供たちの活躍の舞台になります。両国の若い選手の体力、精神、実践技術の訓練だけでなく、国際レベルの成長の基盤となる最初のプラットフォームになることを信じています」と、本大会の成功を願った。

 株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長の藁科義弘氏は、開催に至るまでの経緯を次のように語っている。

「日越外交関係樹立40周年の2013年からフロンターレのベトナムでの活動がスタートしました。45周年となる今年、これまで培ってきたベトナムのみなさまとの交流を生かして新たな活動を進めたいという思いから、ベトナムでの国際大会の実施をタック会長へご相談したところ、すぐさま賛同のお言葉をいただき、本大会の開催に至りました」

「次世代のトップアスリートを目指す子供たちは、サッカーを通じて技術的にも精神的にも向上するでしょうし、ベトナムと日本の友好関係の発展にも協力できると思っています。本大会に出場した選手たちがやがて代表選手となり、国際舞台で競うことを願っています」

会見に参加した株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長の藁科義弘氏

 在ホーチミン日本国総領事館総領事の河上淳一氏は、日越外交関係樹立45周年事業実行委員会の副委員長として以下のようにコメントを残した。

「今年は、1年をとおして各種記念事業が多数開催され、日越外交関係の拡大と進化を証明してきました。その締めくくりとして、ベトナムの国民的スポーツであるサッカーのユースカップが12月に開催されます。このイベントを通じて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、さらには2023年の日越外交関係樹立50周年に向けて若い世代のサッカー、スポーツ交流をさらに促進できるよう積極的に関わっていきます」

 10日にJ1連覇を達成したばかりの川崎フロンターレは、今後のアジア戦略の可能性をさらに広げていく。

●大会開催日程
2018年12月14日(金)~12月16日(日)

●参加チーム
8チーム(両国各4チーム)
ベトナム:ベカメックスビンズンFC、ハノイFC、ビンフックFC、ホーチミン・リヨンFC
日本:川崎フロンターレ、川崎市選抜、東急SレイエスFC、北海道コンサドーレ札幌

●対象カテゴリー
U-13(中学1年生)

●会場
ビンズン新都市サッカーグラウンド

●試合形式
25分ハーフで4チームごとのグループステージを戦った後、順位決定トーナメントに進む(各チーム5試合設定)。大会最終日には、大会開催を記念して、両国チームから選抜された選手による日本とベトナム対抗のオールスター戦を実施予定。

●大会名誉会長
Nguyen Van Hung氏(Becamex IDC 会長)

●大会名誉顧問
梅田邦夫氏(駐ベトナム日本国大使、日本サッカー協会国際委員)

●主催
「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン実行委員会」
(川崎フロンターレ、Becamex IDC、ベカメックスビンズンFC、ベカメックス東急、ブレイン、ブレインコミュニケーションズ)

●後援
在ベトナム日本国大使館、ベトナム日本商工会議所、ホーチミン日本商工会議所、ビンズン省人民委員会、ビンズン省文化スポーツ局、(独)国際交流基金アジアセンター、(独)日本貿易振興機構、(公財)日本サッカー協会、(公社)日本プロサッカーリーグ、ベトナムサッカー協会、神奈川県、川崎市、川崎商工会議所

●協賛(2018年11月14日現在)
プレミアサポーター:エースコックベトナム、富士通株式会社
メインサポーター:ロッテベトナム、YKKベトナム、株式会社タニタ、株式会社エイチ・アイ・エス、東急グループ、東京海上日動火災保険会社ベトナム現地法人、大塚タン ニュートリション
サポーター:ハウスフーズベトナム、ALSOKベトナム、ファミリーマートベトナム、イオンベトナム、味の素ベトナム、GMO-Z.com RUNSYSTEM、コクヨ株式会社

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る