2018.11.15

山形MF松岡亮輔、契約満了で退団…5年間所属、J1昇格や天皇杯決勝進出に貢献

松岡亮輔
2014年からモンテディオ山形でプレーしている松岡亮輔(写真は昨季) [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 モンテディオ山形は15日、MF松岡亮輔との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決まったと発表した。

 松岡は1984年生まれの34歳。阪南大から2007年にヴィッセル神戸に加入し、2012年にジュビロ磐田へ移籍した。2014年から山形に所属し、加入1年目は明治安田生命J2リーグで34試合出場1得点を記録。J1昇格に大きく貢献した。今季は明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で3試合出場にとどまっている。キャリア通算では、J1で124試合出場4得点、J2で76試合出場3得点、天皇杯で16試合出場3得点、JリーグYBCルヴァンカップで23試合出場2得点を記録している。

 契約満了にあたり、松岡は以下のようにコメントしている。

「5年間在籍させていただいたモンテディオ山形を、今シーズンを持ちまして退団することになりました。チームの力になれず、本当に申し訳なく思っています。5年間を振り返ると、ケガで長期間の離脱やJ1昇格、J2降格など、個人としてもクラブとしても浮き沈みのあった時でした。そんな中、皆さまの変わらない前向きな声援が、僕たちへの後押しとなり、前へ歩ませていただく力になりました。本当にありがとうございました」

「背番号7を背負わせていただいたことも感謝しています。背番号7の価値を十分に分かったつもりで着用を承諾しましたが、加入して歴代の選手達の素晴らしさを見聞きするたびに、身の引き締まる思いをさらに感じました。この背番号には、自分一人だけが幸せになればいいのではなく、モンテディオに関わるすべての人たちに影響を与え、幸せを分配しなくてはいけない。そんな責務があるのだと思うようになりました」

「山形での5年間は、地域にプロスポーツクラブが存在することの大切さを知ることが出来ました。それと同時に、地域に対してプロスポーツ選手が果たすべき役割を、自分なりに考え行動してきました。2014年の天皇杯決勝では試合前の国歌斉唱で、身震いするほど気持ちが高揚したのを覚えています。あのときの気持ちを、もう一度体感できるチャンスがまだあります。引き続き、皆さまのご声援をよろしくお願い致します」

 山形は今季、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の勝ち点「55」で12位。17日の最終節では2位の大分トリニータをホームに迎える。また天皇杯ではベスト4進出を果たしており、準決勝ではベガルタ仙台と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る