2018.10.20

鳥栖、新監督の初陣で仙台に勝利、降格圏を脱出…トーレスが今季2点目

フェルナンド・トーレス
今季2点目を挙げたトーレス [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第30節が20日に行われ、サガン鳥栖がベガルタ仙台を3-2で下した。試合は38分、高橋義希が強烈なシュートを突き刺し鳥栖が先制すると、続く39分にはフェルナンド・トーレスがヘディングシュートを決め、自身の今季2点目を挙げる。追いかける仙台も前半終了間際、野津田岳人がPKを沈めて1点を返す。

 後半に入ると58分、梁勇基のフリーキックに石原直樹が合わせ、仙台が試合を振り出しに戻す。しかし79分、安在和樹のFKからジョアン・オマリがヘディングシュートを叩き込み、鳥栖が再びリードを奪う。その後、雷の影響で試合が一時中断するハプニングに見舞われるも、約50分後に試合再開。再開後にスコアは動かず、鳥栖が金明輝(キム・ミョンヒ)新監督の初陣を勝利で飾った。

 4試合ぶりの勝利となった鳥栖は暫定15位に浮上し、降格圏を脱出。敗れた仙台は暫定8位となっている。次節は11月4日に行われ、仙台は敵地で北海道コンサドーレ札幌と、鳥栖はホームでV・ファーレン長崎と対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 2-3 サガン鳥栖 

【得点者】
0-1 38分 高橋義希(鳥栖)
0-2 39分 フェルナンド・トーレス(鳥栖)
1-2 42分 野津田岳人(仙台/PK)
2-2 58分 石原直樹(仙台)
2-3 78分 ジョアン・オマリ(鳥栖)

【スターティングメンバー】
ベガルタ仙台(3-4-2-1)
シュミット・ダニエル;平岡康裕、大岩一貴、板倉滉;蜂須賀孝治、椎橋慧也、梁勇基(68分 奥埜博亮)、関口訓充(61分 永戸勝也);野津田岳人、阿部拓馬(73分 ハモン・ロペス);石原直樹

サガン鳥栖(4-4-2)
権田修一;小林祐三(84分 キム・ミンヒョク)、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡;福田晃斗(74分 安在和樹)、高橋秀人、高橋義希、小野裕二:金崎夢生、フェルナンド・トーレス(75分 趙東建)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る