2018.10.12

FC東京のリッピ・ヴェローゾ、グロインペイン症候群と診断…全治3~4週間

リッピ・ヴェローゾ
今季のJ3では22試合に出場しているリッピ・ヴェローゾ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京は12日、リッピ・ヴェローゾがグロインペイン症候群と診断されたことを発表した。同選手はそ径部の違和感で別メニューでのトレーニングを行っていた。全治は約3~4週間と診断されている。



 リッピ・ヴェローゾは1997年生まれの20歳。身長179センチメートルのMFで、2011年からボタフォゴ、サントス、コリンチャンス、フラメンゴ、パルメイラスと、ブラジルの名門クラブを渡り歩いてきた。昨年7月12日にFC東京加入が決定。今季は明治安田生命J1リーグでは出場機会がなく、FC東京U-23の一員として明治安田生命J3リーグで22試合出場4得点を記録している。

 FC東京U-23は今季、明治安田生命J3リーグ第26節終了時点で25試合を消化し、6勝5分け14敗。勝ち点「23」で16位。次節は14日、ブラウブリッツ秋田をホームに迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る