2018.10.11

名古屋GKランゲラック、第一子が誕生「将来はグランパスのキーパーに」

ランゲラック
今季のJ1で全27試合に出場しているランゲラック [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは11日、オーストラリア代表GKランゲラックに第一子が誕生したと発表した。第一子となる長男は今月5日に誕生した。



 ランゲラックは1988年生まれの30歳。2010-11シーズンから5年間に渡ってドルトムントに所属し、日本代表MF香川真司とプレーした。2015年夏にシュトゥットガルトへ移籍。2016-17シーズンはブンデスリーガ2部で34試合に出場し、同クラブの1部復帰に大きく貢献。2017年夏にレバンテへ移籍したが、出場機会を得られず。今年1月14日に名古屋への完全移籍加入が発表された。今季は明治安田生命J1リーグ第29節終了時点(2試合未消化)で全27試合に出場している。

 ランゲラックは今年5月、2018 FIFAワールドカップ ロシアの代表候補メンバー32選手に名を連ねたものの、26名に絞り込まれた段階で落選。本大会出場は逃したが、8月30日発表の代表メンバーに復帰した。

 第一子誕生にあたり、ランゲラックは以下のようにコメントしている。

「代表チームから名古屋に戻り、息子を抱きしめたいです。父として新たな目標にチャレンジします。新たな子供の誕生にワクワクしています。私のようなGKになって、将来はグランパスのキーパーになってほしいです」

 名古屋は今季、明治安田生命J1リーグ第29節終了時点(2試合未消化)で9勝4分け14敗、勝ち点「31」で16位。次節は19日、柏レイソルとのアウェイゲームに臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る