2018.09.20

【ライターコラムfrom甲府】まだ終わりじゃない…一丸での得点に見えたチームの可能性

大宮戦で決勝点を挙げた佐藤(右)とアシストした清水(左) ©J.LEAGUE
サッカーはもちろん、バスケや野球、ラグビーにも精通する“球技ライター”。

 9月19日の大宮アルディージャ戦で、ヴァンフォーレ甲府を1-0の勝利に導いたのは佐藤和弘が69分に決めたゴールだ。ホームでは7月21日以来、ほぼ2カ月ぶりの勝利だった。

 佐藤はまず自陣深くでセカンドボールを収めてCBに下げると、そのまま押し上げる。ボールは今津佑太、道渕諒平とつながり、金園英学が胸で後ろに落とす。小塚和季が切れ込んで左サイドに開き、清水航平とパス交換。佐藤がそこへサポートに入っていて、「アクション」が始まった。

 佐藤は左大外をドリブルで持ち上がり、内側の清水に預けたあとも足を緩めなかった。佐藤はこう振り返る。

「(清水)航平くんが見えたので航平くんを使いながら、ワンツーが来るなと思って走った。航平くんに入ったとき、相手のSBが食いついていたので、通してくれるだろうなという思いで(スペースに)入りました。(リターンパスが)来たときにはスペースが空いていたので、中へ打ち返した。間に速いボールを入れたら、結果として相手に当たって入った」

佐藤の得点を喜ぶ甲府の選手たち ©J.LEAGUE

 プロサッカー選手は一瞬で色んなことを考える。佐藤はスプリントで相手を剥がし切っていたが、シュートを決め切るには角度が狭かった。佐藤はその中でも可能性の高い選択肢を模索していた。

「トラップをして中を見たとき、ゾノくん(金園)が入ってくるようには見えたので、キーパーとDFの間に入れた。最近はマイナスに落として一人目が潰れて、後ろから入ってくる形が多かった。相手もそれを研究してくるけれど、その逆を突けた。相手に当たったのは結果オーライですが、事故ってくれればいい。DFが触るか、ゾノくんが先に触るか、それ期待しながら蹴った感じです」

 上野展裕監督が4月末に就任して取り組んでいるのは、狭い距離感に人をかけて崩す攻めだが、それには二つの前提がある。一つは当然ながら技術で、もう一つは動きのアイディアだ。思い切って飛び出す、出して動く姿勢は大前提で、それに加えて走るコースや角度、タイミングに変化をつけることが相手を攻略するカギとなる。

 大宮戦はその狙いが出た試合だった。上野監督は「もっとできる」という含みを出しつつ、試合後にはこう述べていた。

「追い越していくところ、飛び出していくところは、斜めの走りも含めて、選手たちはどんどん動いてくれた。もっと動けば、前半はもっと決定的なチャンスを作れたと思います。そこを少しずつ積み上げていきたい」

大宮戦で指示を出す上野監督 ©J.LEAGUE

 ただしボランチが左のウイングバックを「外から追い越す」プレーは、かなりイレギュラーだ。佐藤は得点につながった自らの動きについてこう口にする。「思い切っていましたけれど、それをやらないと相手は崩れない。同じことをやっていても、相手は簡単に守れる。そういうこともやっていかなくちゃいけない」

 ボランチが前線に飛び出す動きは、チームにとってリスクでもある。上野監督が就任した直後、5月の5試合を甲府は4勝1分で乗り切った。攻守でどんどん前に出る積極性が奏功し、相手を飲み込めていたからだ。

 しかし相手は甲府を分析するし、隙を見つけて突くようになる。根負けせず積極性を維持することこそが大事だったし、実際にカップ戦など「チャレンジャーの戦い」ができるときの甲府は結果を残せていた。しかしJ2のリーグ戦になると、6月以降は何か煮え切らない戦いが多かった。J1で培った守備のメンタリティが、悪い意味でブレーキになってしまっていたのかもしれない。6月以降にホームで開催されたリーグ戦は9試合あるが、甲府は19日の大宮戦を含めて2勝しか挙げられていない。

 大宮戦は甲府にとって、16試合ぶりの無失点ゲームでもあった。つまり思い切りだけでなく、守備の面でも成果があった。佐藤はこう振り返る。

「対戦相手は全部、ボランチとかが出た裏を狙っている。それをずっとやられてきているので、それをオグさんと話し合いながらプレーした。どちらかが出たなら、どちらかは残らないといけない。どちらかのシャドーが出るなら、もう一方のシャドーは相手のボランチを見るとか……。そういうのはキツイですけれど、みんなでやり切った」

 攻守のバランスについて、佐藤はこう説明する。

「(今までは)ボランチが二人とも後ろに下がってさばいて、2列目でシュートを打てるシーンのあまり無い展開が多かった。良いときは後ろからみんなが追い越す戦いができていたし。守るときは守ってというのも統一できていた。それが今日はいい形でできていた」

佐藤とボランチでコンビを組む小椋 ©J.LEAGUE

 佐藤の「相方」としてチームを締めた小椋祥平はこう語っていた。

「カズは上手いし、点に絡むプレーもできる。攻撃のときはカズにほとんど自由にやってもらって、後ろのバランスは俺がケアすればいいかなと思ってやっていた」

 そして小椋は得点の場面を振り返り、ボールに絡んでいない選手の貢献を指摘する。

「ソネ(曽根田穣)が頑張って中に入っていました。あそこにソネが入るからGKもああいうボールに反応できなかった。みんながよく頑張ったと思います」

 佐藤の判断、思い切った動きは得点が生まれて「表の理由」だが、それを支えた小椋や曽根田の動きも見逃せない。そういう意味では間違いなく「チームの得点」だった。チームとしてコンパクトな形やバランスの維持ができていれば、チームとしてリズムが出るし、「思い切り」「アイディア」もより出しやすくなる。思い切りと慎重さは対立軸でなく、相乗効果を生む要素だ。

 J2は残り9試合。甲府は2位FC町田ゼルビアと勝ち点18差、6位大宮と勝ち点12差の13位に沈んでおり、昇格は率直に言って厳しい。ただし周りのチームの勝敗は気に病んでも仕方がないことだし、甲府は現在「42」の勝ち点を、自力で「69」まで伸ばせる。

 佐藤は「遅い1勝だったと思う」と口にした上で、今後の抱負をこう述べる。

「残り少ない試合を、全て勝ち切るくらいの気持ちでやりたい。勝ちにこだわるだけだと思っている。みんな昇格は諦めていないし、J1を目指してやっていきたい」

 どのカテゴリーにいようが、選手は試合がある限りベストを尽くさなければいけない。どの順位にいようが、チームは可能性がある限り上を追求しなければいけない。もちろん、望む結果がいつ出るのかは分からない。しかしチームの転機になるかもしれない、なってほしい、そんな大宮戦の内容だった。

取材・文=大島和人

ライターコラムfrom甲府のバックナンバー

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る