2018.09.17

神戸、吉田監督の退任と林氏の暫定監督就任を発表…M・ビベス氏がヘッドコーチに

ヴィッセル神戸
ヴィッセル神戸が体制の変更を発表した。
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸は17日、トップチームの暫定的な体制変更を発表した。林健太郎アシスタントコーチが暫定的な監督に就任し、アカデミースタッフのマルコス・ビベス氏がヘッドコーチに就任する。吉田孝行監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチ、内山俊彦アシスタントコーチ、公文栄次ポルトガル語通訳兼アシスタントコーチの4人は、配置転換によりスタッフとしてチーム強化に携わる予定だ。また、新しいチームスタッフ体制の詳細が決定し次第、改めて発表するとしている。

 実質的に解任となった吉田孝行氏は、公式サイトでコメントを発表している。

「ヴィッセル神戸に関わる全ての皆さま、日頃よりご支援、ご声援いただき誠にありがとうございます。今シーズンは ACL 出場を目標に戦っております。私の力不足で満足のいく結果を出すことができず、クラブの成長をお見せすることができず、悔しい思いで一杯です。 私はヴィッセル神戸が大好きで、現役時代からこのクラブでタイトルを獲ることが夢でした。現役引退後も全力で向き合ってきました。このクラブはまだまだ成長して、目標を達成できるクラブだと思います。 このクラブへの愛情は尽きることはありません。今後ともご声援のほど、宜しくお願いします」

 トップチームの暫定体制は以下の通り。

▼監督
林健太郎
▼ヘッドコーチ
マルコス・ビベス
▼GKコーチ
アレックス
▼フィジカルコーチ
咲花正弥
▼コンディショニングコーチ
田中章博

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る