2018.09.12

8月の月間MVP発表…J1は5戦10発のジョー、J2は町田の平戸太貴

ジョーと平戸太貴
8月のMVPに輝いたジョー(左)と平戸太貴(右)[写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは12日、8月の『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP』を発表した。

 J1は名古屋グランパスのFWジョーが初受賞。2度のハットトリックを含む5試合10得点を記録し、チームの快進撃を牽引している。Jリーグ選考委員会は「文句なしの受賞となった」と総評した。

 ジョーは「このような賞を受賞でき、すごく嬉しいです。8月はクラブにとって大事な試合が続く非常に重要な月でしたが、チームが皆さんの期待に応え良い成績を残せたのは、非常に素晴らしいことだと思っています。その中で自分が月間MVPに選ばれてすごく光栄ですし、この結果はチームメイトをはじめ、クラブを支えていただいている全ての皆さんのおかげだと思います。このまま良い結果が続くように全力を尽くしたいと思います」とコメントを発表した。

 J2はFC町田ゼルビアのMF平戸太貴が同じく初受賞を果たした。MFながら4試合で5得点を記録して、首位を走るチームの立役者となっている。Jリーグ選考委員会は「今、明治安田生命J2リーグで最もノリにのっている選手で、今後の活躍にも期待が持てる」と総評した。

 平戸は「この度、月間MVPという素晴らしい賞に選んでいただき、とても光栄に感じています。本当にありがとうございました。この賞をいただけたのは、自分だけの力ではなく、一緒に戦っているチームメイト、スタッフ、そしてファン・サポーターの皆様のおかげだと思っております。8月は非常に暑く厳しい試合が多かったのですが、ファン・サポーターの皆様の声援が力となり、結果を残すことができました。改めて、ありがとうございました、と感謝の気持ちを伝えたいと思います。
シーズンは終盤に入りますが、これからも1試合1試合、ゼルビアが掲げている“チャレンジャー”という気持ちをもち続け、今まで以上にチームを勝利に結びつけられるような選手になりたいと思っています。チーム一丸となって戦い続けますので、引き続き熱い応援をよろしくお願い致します」とコメントを発表した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る