FOLLOW US

神戸の元代表FWハーフナー・マイク、仙台へ期限付き移籍「全力を尽くします」

仙台加入が決まったハーフナー・マイク [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸に所属する元日本代表FWハーフナー・マイクが、ベガルタ仙台へ期限付き移籍で加入することが決まった。9日に両クラブが発表した。移籍期間は今季終了まで。

 ハーフナー・マイクは1987年生まれの31歳。2006年に横浜F・マリノスのトップチームへ昇格し、以後はアビスパ福岡、サガン鳥栖、ヴァンフォーレ甲府でプレー。2011年12月にはエールディヴィジのフィテッセへ完全移籍で加入し、2シーズン連続で2ケタ得点を挙げる活躍を見せた。さらに2014年からはリーガ・エスパニョーラのコルドバCF、HJKヘルシンキ(フィンランド)を経て、2015年8月にADOデン・ハーグに加入。2016-17シーズンは公式戦30試合に出場して10得点を記録、チーム得点王に輝いた。

 そして昨年夏、神戸への完全移籍が決定。同クラブでは明治安田生命J1リーグで13試合出場3得点、JリーグYBCルヴァンカップで7試合出場1得点、天皇杯で2試合出場1得点を記録していた。

 2011年から2013年、そして2016年には日本代表にも選出されているハーフナー・マイク。期限付き移籍にあたり、神戸に対して以下のようにコメントしている。

「昨年夏にヴィッセル神戸に加入して、思い描いていた結果を残せず、悔しい気持ちで一杯です。サポーターの皆様の声援にはいつも勇気づけられていました。ヴィッセル神戸の素晴らしいチームメイトやスタッフと一緒にプレーできないのは寂しいですが、仙台で頑張ってまいります。ありがとうございました」

 そして加入する仙台には以下のようにメッセージを寄せている。

「今回、新たな環境でトライさせていただくことに、感謝しております。ベガルタ仙台のサポーターのみなさんの前でプレーできることを楽しみにしています。勝利に貢献できるように全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします」

 なおハーフナー・マイクは契約により、神戸と対戦する公式戦には出場できない。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA