2018.06.25

プーマが川崎、清水、磐田、C大阪の今夏着用のリミテッドユニフォーム発表

サッカー総合情報サイト

 プーマは、川崎フロンターレ、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪の4クラブが、今夏のリーグ戦で着用するリミテッドユニフォームを発表した。

 リミテッドユニフォームには、2018シーズンのホーム及びアウェイユニフォームにも採用されている「LIGA(リーガ)」モデルのデザインをベースに、身頃のグラフィックにはプーマがグローバルで展開するフットボールアパレルコレクション「ftblNXT(フットボール ネクスト)」のグラフィックがあしらわれている。

■川崎フロンターレ
共通のブラックをベースカラーに、フロンターレブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成されている。


「1955」:母体クラブ創設年
「1997」:現クラブ名決定年
「2017」:リーグ初タイトル獲得シーズン
「12」:サポーター

着用予定試合:8月5日(土)、8月15日(水)

■清水エスパルス
共通のブラックをベースカラーに、エスパルスオレンジのカラーコンビネーションを採用し、 グラフィックは下記のナンバーで構成されている。


「1993」:リーグ開幕年
「10」:リーグオリジナル10
「1996」:カップ初タイトル獲得シーズン
「2000」:国際初タイトル獲得シーズン
「3776」:富士山の標高

着用予定試合:8月11日(土)、8月19日(日)、8月25日(土)、9月21日(金)

■ジュビロ磐田
共通のブラックをベースカラーに、ジュビロ ブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成されている。


「1992」:クラブ設立年
「1997」:リーグ初タイトル獲得シーズン
「1999」:リーグタイトル獲得シーズン
「2002」:リーグタイトル獲得シーズン
「12」:サポーター
「25」:現クラブ名決定から25周年

着用予定試合:8月1日(水)、8月5日(日)、8月19日(日)

■セレッソ大阪
共通のブラックをベースカラーに、セレッソ ピンクのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成されている。


「1957」:母体クラブ創設年
「1993」:現クラブ名決定年
「2017」:リーグカップ及び全日本サッカー選手権大会初タイトル獲得シーズン
「12」:サポーター

着用予定試合:8月1日(水)、8月15日(水)、8月25日(土)

 4クラブのリミテッドユニフォームは、各クラブ及びプーマ取り扱いショップにて順次販売 開始予定。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る