2018.05.25

「イニエスタの先輩たち」…Jリーグに来たバルサ戦士6名をスペイン紙が特集

リネカー、ストイチコフ、ラウドルップ
バルサ所属歴を持ち、Jリーグでもプレーしたリネカー(左下)、ストイチコフ、ラウドルップ(右) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸へ完全移籍で加入することが24日に発表された。同日付のスペイン紙『マルカ』は移籍発表を受け、過去にJリーグでプレーした“バルサ戦士”を特集している。

『マルカ』は、バルセロナのトップチームとJリーグクラブの両方に所属した経験を持つ6選手にフォーカス。顔ぶれは以下の通りとなっている。

■フリオ・サリナス(元スペイン代表FW)
バルセロナでは1988年から6シーズンに渡ってプレー。元オランダ代表のヨハン・クライフ氏が率いた“ドリームチーム”の一員として、リーガ・エスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズカップ(現・チャンピオンズリーグ)制覇を経験した。日本では1997年から2シーズン、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に所属。Jリーグ通算で34得点を記録した。

■ゲリー・リネカー(元イングランド代表FW)
イングランドで2年連続の得点王を獲得した後、1986年にバルセロナに移籍。3シーズンに渡ってスペインでプレーした。以後、トッテナムを経て1993年に名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)へ加入。しかし、所属2年間でJリーグ通算4得点にとどまり、現役引退を決断している。

■チキ・べギリスタイン(元スペイン代表MF)
レアル・ソシエダで頭角を表し、1988年にバルセロナに移籍。サリナス同様に“ドリームチーム”で活躍した。1997年から3シーズンに渡って浦和レッズでプレーし、現役を引退。以後はバルセロナのスポーツ・ディレクターなどを歴任し、現在はマンチェスター・Cのスポーツ・ディレクターを務めている。

■フリスト・ストイチコフ(元ブルガリア代表FW)
サリナスやべギリスタイン同様に“ドリームチーム”でプレー。バルセロナ在籍中の1994年にはワールドカップで得点王に輝き、バロンドールも受賞した。1998年に柏レイソルへ加入。2シーズンで12ゴールを記録している。

■ヨン・アンドニ・ゴイコエチェア(元スペイン代表MF)
故郷のバスク地方のチームでの活躍を経て、1990年からバルセロナでプレー。同選手もまた“ドリームチーム”の一員で、プレー初年度にはスペイン人最優秀賞も受賞している。1998年には横浜マリノスに加入。1シーズンだけのプレーとなったが、サリナスとの再共演を果たした。

■ミカエル・ラウドルップ(元デンマーク代表MF)
1989年にユヴェントスからバルセロナに移籍し、“ドリームチーム”で活躍。ストイチコフとの抜群の連係を発揮し、タイトル獲得に貢献した。その後はレアル・マドリードへの“禁断の移籍”を経て、1996年に当時2部(JFL)のヴィッセル神戸に移籍。Jリーグ昇格に貢献している。

 名だたる“バルサ戦士”がプレーしてきたJリーグ。バルセロナのクラブ史に残る活躍を見せたイニエスタは、日本の地でどのようなプレーを見せることになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る