2018.05.03

松本、メキシコ強豪レオンと業務提携締結…海外クラブとは3チーム目

レオン
レオンの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 松本山雅FCは5月2日、メキシコのリーガMXに所属するレオンと業務提携を締結したことを発表した。松本の海外クラブとの業務提携は、シンガポールSリーグ『ゲイラン・インターナショナルFC』、アメリカMLS『レアル・ソルトレーク』に続いて3クラブ目となる。

 株式会社松本山雅の代表取締役社長を務める神田文之氏はクラブ公式サイトを通じコメントを残した。

「メキシコにありますクラブ・レオンと提携しましたことをご報告させていただきます。数年前より国際事業ということで様々な活動を行っています。もちろんJリーグの理念にあります国際貢献という考え方もあり、クラブとしても何か新しいこと、(これまでと)違うことチャレンジしていこうというなかで、国際交流事業をどんどん進めている状況です」

「今までのシンガポールのゲイラン・インターナショナルFC、アメリカのレアル・ソルトレークは、なんとなくみなさんにもご説明がつくような支援であったり(クラブ間を)結ぶ役割の企業や行政の方がいらっしゃいましたが、今回は、アカデミーをきっかけとしてレオンという、メキシコのなかでも非常に日本と縁がある地域のクラブとのご縁をいただきました。今までも同じですが交流するなかで人と人とのつながり、縁を感じて今回の提携に至りました」

「アカデミーをきっかけに3つの国のクラブと提携できたことを面として捉えると、クラブができることがさらに広がっていくと思います。何か形だけではない実のある取り組みをしていきたい。その構想を描きながら進めていきたいと思います」

 また、レオンの育成ダイレクターであるリカルド・エンリケス氏は次のように述べている。

「このようなチャンスをいただきありがとうございます。一緒に協力し合い仕事ができることを感謝しております。私たちの目標は、これから山雅と一緒に協力して若い選手たちを育てていくことです。日本人にはとてもよい素質を持っている選手がいます。山雅の目標に対してレオンは誠意をもって一緒に進めていきたいと思います」

「私たちのクラブも10年間ディビジョンB(2部)に居ましたが、国内リーグを2連覇するなど1部に昇格しました。山雅も私たちと同じようにトップリーグに上がれることを望んでいます。また松本山雅は地元に根付いたスポーツクラブで、チームへのサポートも多くあります。お互いに刺激し合うことで、いいエネルギーになると思っています」

 レオンは1943年に創設され、メキシコの中でも歴史が古いクラブの1つ。メキシコ1部リーグのリーガMXで過去7度チャンピオンに輝いた実績を持ち、今年1月にアメリカのレジェンド的存在である元同国代表FWランドン・ドノバンが加入して話題となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る