2018.04.29

「eJ.LEAGUEってどんな大会?」、「そもそもeスポーツって何?」…今さら聞けないeスポーツの基礎知識

eJ.LEAGUE
今、話題を集めているeスポーツとは、eJ.LEAGUEとはなんなのか? [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 一般的なスポーツ選手さながらに、ゲームで“戦う”プロゲーマーの誕生と増加、大規模な賞金制大会の開催、対戦ゲームプレイヤーの裾野の拡大……。
 さまざまな要素が交わって、eスポーツは日本でもムーブメントを起こしつつある。そんな状況を受けて、日本最大級のプロスポーツ組織であるJリーグがeスポーツ事業に参入した。
 5月4日、その記念すべき第一歩となる大会、『明治安田生命eJ.LEAGUE』(以下、『eJ.LEAGUE』)の決勝ラウンドが行われる。
 ここでは、そもそもeスポーツとは何か、『eJ.LEAGUE』とはどんな大会なのかといった基礎知識を紹介しよう。

文=丸谷健太(ゲームライター)
写真=野口岳彦、ゲッティ イメージズ

■優勝賞金11億円超えの大会も

eJ.LEAGUE

プロゲーマーの試合を見るために世界中のゲームファンが集まる [写真]=LightRocket via Getty Images

「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」(electronic sports)の略称で、主に対人戦要素のあるビデオゲームをスポーツ競技として扱う際に使われる名称だ。

 1990年代後半〜2000年代初頭にオンライン対戦文化が発展したこと、対戦に特化したFPS(一人称シューティングゲーム。主観視点で銃撃戦メインの戦いを楽しむゲームジャンル)やRTS(リアルタイムストラテジー。部隊の移動、戦闘、生産といった行動をリアルタイムで指示して戦う)が登場したことにより、北米を中心とした海外でブーム化した。

 ストイックな対戦を志向するプレイヤーが増加したのはもちろん、その対戦を見て楽しむという、一般的なスポーツと同じような観戦文化も生まれ、エンターテイメントのひとつとして定着している。

 大規模な市場を形成している海外のeスポーツシーンでは、MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ。RTSから派生した複数人が2つの陣営に分かれて戦うチームバトル)と呼ばれるゲームジャンルが高い人気を誇る。なかでもトップクラスの競技人口と観戦人口を抱える『League of Legends』や『Dota2』といったゲームタイトルでは、1回の大会に数百万ドルの賞金が用意されることも少なくない。2017年には優勝賞金が約11億円超に上った大会も開かれた。

 しかし日本においては、eスポーツのメインストリームであるPCゲーム、FPS、RTS、MOBAといったジャンルの人気が海外ほど高くない。さらに、法的な問題やゲーム全体を取り巻く環境、認知の違いといったゲーム外の要因もあり、eスポーツの市場規模や認知度は他国と比べて低いと言わざるを得ない。

 しかし、「ゲームの対戦を楽しむ」という文化は、日本にも長く存在している。1990年代初頭には対戦格闘ゲームブームが巻き起こった。その規模は縮小傾向にあるものの、今なおゲームセンターに根づいている。さらに言えば、対戦格闘ゲームブーム以前にも、プレイ中に獲得した点数を競う「ハイスコア集計」という文化があった。そのような経緯もあってか、対戦格闘ゲームを種目にした大会は国内でも頻繁に開催されている。また、eスポーツ黎明期から現在に至るまで、海外で行われる大会にも多くの日本人プレイヤーが参加し、好成績を残している。これにより2010年代後半からは国内外の企業からスポンサードを受ける「プロゲーマー」も複数誕生した。

eJ.LEAGUE

格闘ゲームはアジア各国や北米でも人気が高く、現行の人気タイトル『ストリートファイター5』や『鉄拳7』の大会では、数万ドルの賞金が出されることも [写真]=Getty Images

 また、近年は家庭用ゲーム機でのオンライン対戦の環境が充実したことにより、『Call of Duty』シリーズや『Overwatch』といったFPSや、『ウイニングイレブン』や『FIFA』シリーズといったスポーツゲームをプレイする層も増加した。さらにiPhone、Androidスマートフォンという日本で最も普及率の高いデバイスで『Hearthstone』、『シャドウバース』といったDTCG(デジタルトレーディングカードゲーム)がプレイ可能となったため、日本のeスポーツシーンも拡大を続けているのは間違いない。

 こうしたプレイヤー、そして観客の裾野拡大に伴い、ここ1、2年は企業や団体の動きも活発化している。複数のプロチームが『FIFA』シリーズ、『BLAZBLUE』シリーズ、『Overwatch』でリーグ戦を行う『日本eスポーツリーグ』、『ストリートファイター5』、『シャドウバース』などの賞金制大会を行う『RAGE』といった企業主導の大会は定期的に開催されている。また、2018年2月には「JeSU」(一般社団法人日本eスポーツ連合)が設立。プロライセンスの発行や、ライセンスを付与されたプレイヤーたちによる賞金制の大会が行われるようになった。

■『eJ.LEAGUE』とは?

eJ.LEAGUE

Jリーグもeスポーツ改革に乗り出す

 例年になくeスポーツ関連のニュースが世間を飛び交う中、今年3月にeスポーツに参画することを表明したのがJリーグだ。記者会見では、『eJ.LEAGUE』の開催とその概要が発表された。

 その大会種目として選ばれたのは、エレクトロニック・アーツ(EA)社のサッカーゲーム『FIFA18』。毎年ヨーロッパのサッカーが開幕する前後に発売され、全世界でコンスタントに数百万本のセールスを上げているタイトルだ。

eJ.LEAGUE

FUTは選手をスカウティングし、プレイヤーの好みのチームを作り上げていくゲームモードであるため、大会前のチーム作りも重要となる。これは他のeスポーツタイトルにはない本大会ならではの注目ポイントだ

 大会は3月から4月にかけてオンライン上で行われた予選ラウンドを経て、5月4日にはJFAハウスで決勝ラウンドが実施される。決勝ラウンドには予選ラウンドを突破した10名のプレイヤーに加え、鹿島アントラーズ、FC東京、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、サガン鳥栖が選んだ「J1推薦枠」の選手が参戦。ここで優勝したプレイヤーはFIFAが主催するeスポーツの国際大会『FIFA eWorld Cup 2018』につながる『Global Series Playoffs』への出場権を得る。

 決勝ラウンドの試合は、Jリーグの試合と同様にDAZNで中継されることが決定している。さらに、TwitchやOPENREC.tv、YouTube(Jリーグ公式チャンネル)といったeスポーツタイトルの大会配信で馴染みのある配信サービスでもリアルタイム視聴することが可能だ。

『明治安田生命eJ.LEAGUE』公式HP

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
湘南
3pt
横浜FM
3pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る