2018.04.22

岡山、岐阜を攻略できず2戦連続ドロー…大分は劇的決勝弾で首位に立つ/J2第10節

岡山
岐阜と引き分けて首位の座を明け渡した岡山(中央) [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J2リーグ第10節が、21日から22日にかけて全国各地で開催された。

 首位を走るファジアーノ岡山は、18位に低迷するFC岐阜をホームに迎えた。21分、阿部海大がクロスバー直撃のシュートを放ち、ゴールを予感させた。だが、徐々に岐阜もペースを握りはじめ、一進一退の攻防が続く。両チームとも守備陣が奮起したこともあり、最終スコア0-0で勝ち点を分け合うことに。岡山は前節の大宮アルディージャ戦に続き、2試合連続の引き分けとなった。

 2位につける大分トリニータは、アウェイでツエーゲン金沢と対決。両チームとも試合終了間際までゴールを奪えなかったが、後半アディショナルタイム3分、ペナルティエリア内左でパスを受けた丸谷拓也が右に持ち替えてシュートを放つと、このボールが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。土壇場で決勝点を奪った大分が勝ち点3を獲得し首位に立った。

 今節の結果は以下の通り。

■J2第10節
東京ヴェルディ 3-0 水戸ホーリーホック
京都サンガF.C. 1-2 ロアッソ熊本
愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府
ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜
アビスパ福岡 3-1 ジェフユナイテッド千葉
アルビレックス新潟 0-1 大宮アルディージャ
ツエーゲン金沢 0-1 大分トリニータ
松本山雅FC 1-0 モンテディオ山形
横浜FC 0-0 栃木SC
徳島ヴォルティス 0-1 カマタマーレ讃岐
FC町田ゼルビア 1ー2 レノファ山口

■J2順位表
1位 大分(勝ち点21/得失点差+10)
2位 岡山(勝ち点21/得失点差+7)
3位 山口(勝ち点20/得失点差+5)
4位 東京V(勝ち点18/得失点差+9)
5位 福岡(勝ち点18/得失点差+5)
6位 熊本(勝ち点17/得失点差+1)
7位 町田(勝ち点16/得失点差+3)
8位 水戸(勝ち点15/得失点差2)
9位 松本(勝ち点14/得失点差+1)
10位 横浜FC(勝ち点14/得失点差-2)
11位 金沢(勝ち点12/得失点差+3)
12位 山形(勝ち点12/得失点差-2)
13位 栃木(勝ち点12/得失点差-6)
14位 新潟(勝ち点11/得失点差-1)
15位 大宮(勝ち点11/得失点差-2)
16位 徳島(勝ち点11/得失点差-3)
17位 甲府(勝ち点10/得失点差-1)
18位 岐阜(勝ち点10/得失点差-2)
19位 千葉(勝ち点10/得失点差-5)
20位 讃岐(勝ち点9/得失点差-7)
21位 愛媛(勝ち点8/得失点差-8)
22位 京都(勝ち点6/得失点差-7)

■J2第11節対戦カード(4月28日)
■4月28日
山形 vs 栃木
水戸 vs 京都
横浜FC vs 徳島
讃岐 vs 福岡
大分 vs 町田
岐阜 vs 金沢
山口 vs 新潟
大宮 vs 東京V
愛媛 vs 松本
甲府 vs 千葉
岡山 vs 熊本

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る