2018.04.07

いつもの試合とは一味違う! 週末は“絶対に見逃せない”ダービーが目白押し!

今週末は注目のダービーマッチが目白押しだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパ各国リーグが終盤、いよいよ今シーズンの優勝チームが出揃う時期を迎えている。さらに、Jリーグは昨シーズン下位だったチームの躍進が目立ち、見逃せない展開が続いてる。そんな今週はヨーロッパ、日本国内で見逃せないダービーが目白押しだ。そこで、週末に注目すべき6つのダービーを過去10戦の対戦成績を紹介する。

写真=ゲッティイメージズ

●【DAZN番組表】今週末はダービー祭り! 最注目は優勝を懸けたマンチェスター・ダービー

マンチェスターダービー

2018年4月7日 25:30
@エティハドスタジアム

マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド

 優勝に大手をかけたマンチェスター・シティは、ホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎える。昨年12月の対戦では、シティが2-1で勝利し、リーグ戦14連勝を達成した。果たして、最大のライバルを下し、4シーズン振りのリーグ制覇なるか!? 見逃せない一戦だ。

<2017-2018シーズン>
マンU 1-2 マンC

<2016-2017シーズン>
マンC 0-0 マンU
マンU 1-2 マンC

(リーグカップ)
マンU 1-0 マンC

<2015-2016シーズン>
マンC 0-1 マンU
マンU 0-0 マンC

<2014-2015シーズン>
マンU 4-2 マンC
マンC 1-0 マンU

<2013-2014シーズン>
マンU 0-3 マンC
マンC 4-1 マンU

過去10試合
マンチェスター・C 5勝
マンチェスター・U 3勝
2引き分け

マージーサイドダービー

2018年4月7日 20:30
@グディソン・パーク

エヴァートン vs リヴァプール

 イングランドのリヴァプール市に本拠地を置くチーム同士のダービーマッチ。1962-63シーズン以降は途切れることなくトップリーグで開催されており、これはイングランドのダービーにおいて最長の記録だ。チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦でマンチェスター・Cに3-0と快勝を収め、勢いに乗るリヴァプールが、グディソン・パークに乗り込む。

<2017-2018シーズン>
リヴァプール 1-1 エヴァートン

(FAカップ)
リヴァプール 2-1 エヴァートン

<2016-2017シーズン>
リヴァプール 3-1 エヴァートン
エヴァートン 0-1 リヴァプール

<2015-2016シーズン>
リヴァプール 4-0 エヴァートン
エヴァートン 1-1 リヴァプール

<2014-2015シーズン>
エヴァートン 0-0 リヴァプール
リヴァプール 1-1 エヴァートン

<2013-2014シーズン>
リヴァプール 4-0 エヴァートン
エヴァートン 3-3 リヴァプール

過去10試合
エヴァートン 0勝
リヴァプール 5勝
5引き分け

マドリードダービー

2018年4月8日 23:15
@サンティアゴ・ベルナベウ

レアル・マドリード vs アトレティコ・マドリード

 レアル・マドリードは3日のCL準々決勝第1戦、敵地でユヴェントスと対戦し3-0と快勝を収めた。一方のアトレティコ・マドリードはリーグ首位のバルセロナとの勝ち点差9で大一番を迎える。アウェイでの戦いとなるが、逆転Vへ是が非でも勝ち点3が欲しいところだ。近年はリーグ戦のみならず、CLでも対戦してきた両チーム。過去10試合はレアルが4勝2敗と勝ち越している。

<2017-2018シーズン>
アトレティコ 0-0 レアル

<2016-2017シーズン>
レアル 1-1 アトレティコ
アトレティコ 0-3 レアル

(チャンピオンズリーグ)
アトレティコ 2-1 レアル
レアル 3-0 アトレティコ

<2015-2016シーズン>
レアル 0-1 アトレティコ
アトレティコ 1-1 レアル

(チャンピオンズリーグ)
レアル 1-1 アトレティコ
※PK戦の末、レアルが勝利

<2014-2015シーズン>
(チャンピオンズリーグ)
レアル 1-0 アトレティコ
アトレティコ 0-0 レアル

過去10試合
レアル・マドリード 4勝 ※PK戦を含む
アトレティコ・マドリード 2勝
4引き分け

ジェノバダービー

(デルビー・デッラ・ランテルナ)

2018年4月7日 27:45
@スタディオ・ルイジ・フェッラーリス

サンプドリア vs ジェノア

 ジェノバを二分し、地元ではCL決勝戦よりも重要視されていると言われるダービー。試合は両チームがホームスタジアムとしているスタディオ・ルイジ・フェッラーリスで行われる。三浦知良がジェノア在籍時にゴールを決めている。

<2017-2018シーズン>
ジェノア 0-2 サンプドリア

<2016-2017シーズン>
ジェノア 0-1 サンプドリア
サンプドリア 2-1 ジェノア

<2015-2016シーズン>
サンプドリア 0-3 ジェノア
ジェノア 2-3 サンプドリア

<2014-2015シーズン>
サンプドリア 1-1 ジェノア
ジェノア 0-1 サンプドリア

<2013-2014シーズン>
ジェノア 0-1 サンプドリア
サンプドリア 0-3 ジェノア

<2012-2013シーズン>
ジェノア 1-1 サンプドリア

過去10試合
サンプドリア 6試合
ジェノア 2勝
2引き分け

神奈川ダービー

2018年4月8日 16:00
@日産スタジアム

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ

 多くのJクラブが神奈川県内を本拠地としているが、リーグ優勝を経験しているのは、横浜F・マリノスと川崎フロンターレのみ。両チームの対戦時には、ホーム&アウェイに多くのサポーターが来場する。今季はジュニア時代から横浜FMに所属してきた齋藤学が川崎に移籍したことで、両チームの遺恨は深まった印象だ。

<2017シーズン>
川崎 3-0 横浜FM
横浜FM 2-0 川崎

<2016シーズン>
川崎 3-2 横浜FM
横浜FM 0-2 川崎

(旧ナビスコカップ)
川崎 0-0 横浜FM

<2015シーズン>
川崎 0-1 横浜FM
横浜FM 1-3 川崎

(旧ナビスコカップ)
横浜FM 1-2 川崎

<2014シーズン>
横浜FM 2-0 川崎
川崎 0-3 横浜FM

過去10試合
横浜FM 4勝
川崎 5勝
1引き分け

静岡ダービー

2018年4月7日 15:00
@エコパスタジアム

ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス

 “サッカー王国”のプライドを懸け両チームは幾度となく激突してきた。1999年のJリーグチャンピオンシップでは対戦した際は、PK戦の末、磐田が勝利。昨シーズンは2度の対戦をいずれも磐田が制したが、過去10戦の対戦成績は5勝5敗の五分となっている。

<2018シーズン>
(ルヴァンカップ)
清水 1-0 磐田

<2017シーズン>
清水 0-3 磐田
磐田 3-1 清水

(ルヴァンカップ)
清水 2-4 磐田

<2013シーズン>
磐田 0-1 清水
清水 1-0 磐田

(旧ナビスコカップ)
磐田 5-1 清水

<2012シーズン>
磐田 0-1 清水
清水 3-2 磐田

<2011シーズン>
磐田 2-1 清水

過去10試合
磐田 5勝
清水 5勝

●激戦必至…勝ち点差「1」で迎える“静岡ダービー”、その歴史を振り返る

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る