2018.03.18

大久保が交代直後に決勝点! 川崎が名古屋を下し首位浮上

名古屋vs川崎
名古屋グランパス対川崎フロンターレ [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、名古屋グランパスと川崎フロンターレが対戦した。

 互いにリーグ戦負けなしで迎えた4節目。名古屋の風間八宏監督は2016年まで指揮した古巣・川崎と激突した。名古屋は和泉竜司、青木亮太、ガブリエルシャビエル、ジョーらがスタメン出場。一方で川崎は、2戦連続得点の期待がかかるエドゥアルドネット、家長昭博が先発出場している。

 試合は川崎がボールを握り、名古屋がカウンターを狙う展開に。最初のシュートは名古屋のガブリエルシャビエル。右サイドの敵陣浅い位置でのFKで直接狙うが、これは枠をそれてしまった。

 川崎も徐々にペースをつかむと25分、ショートコーナーからのクロスにファーサイドで反応した小林が右足でボレーシュートを放ち、ゴールネットに突き刺した。しかし、これはオフサイド。得点は認められなかった。

 名古屋は青木、ガブリエルシャビエルを中心にゴールに迫り、川崎は中村憲剛ら中盤がボールを保持し攻め立て、球際激しく競り合う展開が続く。しかし前半はスコアレスで折り返した。

 後半も試合は一進一退の攻防が続く。ボールを動かしつつチャンスを伺う川崎は65分、家長に代えて大久保嘉人をピッチに入れると鬼木達監督の采配が的中する。直後、ペナルティエリア右手前のFKで中村がゴール前にボールを入れると、大久保がこれに頭で合わせゴール。交代直後の1プレー目で大久保が川崎に貴重な先制点をもたらした。

 名古屋は67分に和泉を代え佐藤寿人を、75分にはジョーを代え成瀬竣平を送り込む。成瀬はリーグ戦初出場となった。その後、お互い怒涛の攻撃をしかけるもネットを揺らすことはできず。試合はこのまま終了し、川崎がリーグ戦3連勝を飾り、リーグ戦首位に浮上した。

 次節、名古屋はアウェイでサガン鳥栖と対戦。川崎はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 0-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 65分 大久保嘉人(川崎フロンターレ)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る