2018.03.13

日本サッカー協会、ドイツサッカー連盟とパートナーシップ協定を再締結

日本サッカー協会、ドイツサッカー連盟
日本サッカー協会が、ドイツサッカー連盟と協力 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は12日、ドイツサッカー連盟(DFB) とパートナーシップ協定を再締結したことを発表した。

 同連盟とは2011 年 6 月にパートナーシップを締結以来、様々な分野で協力関係を築いている。指導者養成事業の協力分野を拡大した今回の再締結により、両者の関係をさらに強固にし、両国のサッカー発展のため、積極的に相互協力を図っていく予定だという。なお、協定期間は調印日から2年間となっている。

 今後は<1>指導者養成、<2>JFA 指導者ライセンスコースの改善及びインストラクター能力向上へのアドバイス、<3>代表チームのマネジメント、<4>ユース育成、<5>グラスルーツ、<6>アドミニストレーション、<7>キャンプ、交流試合(各カテゴリー代表チーム)、<8>マーケティング&コンサルティングといった分野で、サッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有を行っていく。

 JFAはこれまでイングランド、スペイン、デンマーク、フランス、南米サッカー連盟、また、台湾、香港、イランなど21の協会・連盟とパートナーシップ協定を締結している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る