2018.02.24

浦和マルティノスが初陣でフル出場「さらにいいプレーができることを約束します」

マルティノス
FC東京戦でフル出場を果たした浦和のマルティノス [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

「スペースを生み出すために走り続け、最後まで自分の持ち味である運動量は落ちなかったし、スプリントで力を発揮できたと思います」

 そう語ったのは、新加入選手でただ一人、スターティングメンバーに入ったマルティノスだ。

 浦和レッズは24日、味の素スタジアムでFC東京と対戦し、48分に一瞬のすきを突かれて先制点を許したものの、そのわずか2分後に柏木陽介のCKから槙野智章のゴールで追い付き、2018シーズンの開幕戦をドローで終えた。

 マルティノスが初陣を振り返る。

「FC東京は、ディフェンスがコンパクトで組織化されていましたし、素晴らしい試合をしていたと感じました。(僕たちは)キャンプからずっとやってきた、サイドチェンジをする、ワイドのポジションから相手の脅威となるボールを送り込む、そういったことがこのゲームでできました。今日の試合を見ていただければ分かると思いますが、チャンスはうちのほうが多かったと思います」

 そして、90分プレーした中での反省点を明かした。

「僕自身、クロスボールの質があまりよくなかったのは反省としてあります。ハーフタイムでも、今日のクロスの質が悪くてゴメン、とチームメートに言いました」

 新シーズンの初戦ということもあり、味の素スタジアムには開幕を待ちわびたサポーターが数多く詰め掛け、声援を送った。

「このサポーターの前でプレーできる日がどれだけ待ち遠しかったことか。実際にサポーターたちの前でプレーして、チャントも素晴らしく、応援一つひとつがモチベーションを上げる力の源になりました。サポーターたちのために、もっといいプレーができるように、しっかりとやっていきたい」

 次は3月4日(日)、埼玉スタジアムでホーム開幕戦のサンフレッチェ広島戦が行われる。マルティノスが力強く抱負を語った。

「皆さんには、今日以降、これからシーズンを通して、さらにいいプレーができるということを約束します。ぜひ期待してください」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る