2018.02.24

名古屋、G大阪との乱打戦をものにする…新加入ジョーが決勝点を奪う!

名古屋
名古屋がG大阪との接戦を制した [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第1節が24日に行われ、ガンバ大阪と名古屋グランパスが対戦した。

 レヴィー・クルピ新監督を迎えたG大阪は、新しくクラブに加入した18歳の福田湧矢や、19歳の市丸瑞希をスタメンに抜擢した。一方の名古屋は、新戦力のジョーを先発出場させた。

 先にチャンスを作ったのは、ホームのG大阪だった。15分、敵陣左サイドで倉田秋がDFをかわしてペナルティエリアに進入すると、中央に折り返したクロスに遠藤保仁が右足で合わせて、ゴールネットに突き刺す。

 しかし、名古屋も負けていない。26分、敵陣中央でボールを受けた和泉竜司から、左サイドに抜け出したジョーがボールを受ける。中央フリーで待っていたガブリエル・シャビエルが横パスをダイレクトで流し込み、スコアをタイに戻した。

 後半に入ると名古屋が逆転に成功した。51分、敵陣左サイド浅い位置でFKを獲得すると、キッカーのシャビエルが中央にクロスを送った。ペナルティエリア内での競り合いの中でウィリアン・ホーシャが落とすと、自ら押し込んで2点目を奪った。

 今度は負けじとG大阪がチャンスを掴む。79分、敵陣右サイドでパスを受けたオ・ジェソクが、途中出場した中村敬斗とのワンツーで裏に抜け出し、中央へクロスを送る。これを長沢駿が頭で合わせて同点ゴールを決めた。

 84分、カウンターの場面から名古屋にチャンスが訪れる。味方からのダイレクトパスに反応し、ペナルティエリア内に抜け出したジョーがGKとの1対1を冷静に決め、再びリードを広げた。

 このまま試合は終了し、ブラジル人トリオが活躍した名古屋が乱打戦を制した。名古屋は次節、3月3日にジュビロ磐田とホームで、G大阪は鹿島アントラーズとアウェイで対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 2-3 名古屋グランパス

【得点者】
1-0 15分 遠藤保仁(G大阪)
1-1 26分 ガブリエル・シャビエル(名古屋)
1-2 51分 ウィリアン・ホーシャ(名古屋)
2-2 79分 長沢駿(G大阪)
2-3 84分 ジョー(名古屋)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る