2018.02.22

EURO SPORTSがFC東京と掲げる夢「節目の年にタイトルを」

EURO SPORTSがFC東京をサポートするに至った経緯とは? プロ・フィットスポーティングの堀田浩司社長に話を聞いた
サッカー総合情報サイト

 2018年1月11日、FC東京は来る新シーズンの開幕を前に、オフィシャルグッズの企画・販売を行う「株式会社プロ・フィット スポーティング『EURO SPORTS』」とのクラブスポンサー契約を締結した。2000年からFC東京をサポートする同社は、スタジアムでのグッズ販売に始まり、今ではECサイトの運営まで手掛けている。FC東京とEURO SPORTS、双方にとって“節目”となる2018シーズン。クラブが見据える壮大なビジョン、そして、プロ・フィットスポーティング社長の思いとは?

取材・文=加藤聡
写真=山口剛生
取材協力=プロ・フィットスポーティング

FC東京サポートへの入り口は“1年間水着を売ったこと” !?

大学卒業後、ファッション業界に就職したことスポーツ業界進出へのきっかけだったいう

「海外への旅行者が水着を買おうと思っても、どこにも水着が売っていませんでした」――、そう話すのは、EURO SPORTSの堀田浩司社長だ。百貨店のスポーツ用品売り場には、今では当たり前のようにリゾート用の水着が並ぶが、かつてはコアシーズンの夏だけに売られるのが当然だった。

 大学卒業後、ファッション業界に就職した堀田氏は、「海外のリゾート地で着る水着が欲しい人もいるのでは?」と考え、秋冬シーズンに海外旅行者をターゲットとした水着の販売を行った。他にも当時としては珍しいフィットネス用品などを販売し、“スポーツカジュアル”という新たなカテゴリーを開拓。その後は、ライフスタイルに特化したスポーツブランドをプロデュース、商品を消費者へ届けるためのビジネス“マーチャンダイジング”で売り上げを伸ばしていった。

 やがて、1993年に株式会社プロ・フィット社(現 プロ・フィットスポーティング)を設立。ファッション業界で培ったノウハウを活かしたマーチャンダイジングのほか、F1のライセンス事業やマネージメントなど、日本国内では前例のない商材でビジネスを行った。後にセリエAのユヴェントスと提携を開始。イタリアから輸入した商品をオフィシャルグッズとして販売した。

「日本にないものをヨーロッパから仕入れて、欲しい人たちに届けられたときは嬉しかったですし、すごくやりがいを感じました。当時はセリエAのグッズを扱う店はありませんでしたから」

 かつて夏以外に売られていなかった水着のように、セリエAのグッズもまた扱う店は皆無だった。さらに、ネットショッピングで何でも手に入る現代と異なり、当時はそれらの商品を購入する手段がほとんどなかったという。そうした時代背景を受け、90年代に一気に数を伸ばした日本のセリエAファンへグッズを届けた。

 2001年からはいよいよFC東京との取り組みがスタートする。東京スタジアム(味の素スタジアム)の完成とともに、スタジアムでグッズを販売し、オフィシャルショップ(EURO SPORTS 東京スタジアム店)も出店。以降、ECサイトの運営なども手掛け、16年間に渡ってビジネスパートナーとしての関係を築いてきた。

「来場するサポーターがユニフォームを」…堀田氏が考える“本当の地域密着”

FC東京のユニフォームに袖を通したサポーターで満員になるスタジアムを目指している

 FC東京のクラブ創設20周年となる今年、プロ・フィットスポーティングは創立25周年を迎えた。今回の契約締結は、双方にとって節目の年に、これまで以上にチームの力になりたいという思いからだ。FC東京の新ユニフォームの左袖には、今年から「EURO SPORTS」のカンパニーロゴが入る。しかし、堀田社長が掲げる目標は、会社名の露出ではなく、「もっと多くの人にFC東京のユニフォームを届けること」だという。

「お互いに記念となる年なので、『もっとサポートしたい!』と思ってクラブスポンサー契約をしました。FC東京はスタジアムに来場するサポーター数に対して、ユニフォームを着ている人が少ない。もっとたくさんの方にFC東京のユニフォームを着ていただけるよう協力していきたいです」

 昨シーズン、FC東京のホームゲームにリーグ戦全17試合で、リーグ2位の45万331人ものサポーターが訪れた。チームの人気が伺える数字だが、多くの人がスタジアムに訪れるからこそ、ユニフォームを未着用のサポーターの存在がより顕著になった。多くのサポーターが青赤のユニフォームに袖を通し、チームを盛り上げる。それを叶えることが、堀田社長が考える“地域密着”の本当の姿だ。
※1位は浦和レッズの570,215人。

 サポーターの集客についても、大きな“夢”を抱いている。EURO SPORTSと同じく「株式会社ミクシィ XFLAG スタジオ」も、1月11日にFC東京とのクラブスポンサー契約締結を発表した。同時に話題となったのが、「スタジアム移転計画」だった。3、4万人規模のサッカー専用のスタジアムを、アクセスの良い代々木に新設することで、より多くのサポーターでスタジアムを埋めようというプロジェクトだ。移転はまだまだ構想段階とのことだが、セリエAを見てきた堀田社長は心待ちにしている。

「イタリアも日本と似ているところがあって、他競技と併用のスタジアムを使っているチームが多い。ユヴェントスがようやく自前の専用スタジアム(アリアンツ・スタジアム)を建てて、雰囲気がすごく良くなったと思います。FC東京もサッカー専用のスタジアムでプレーして、たくさんのサポーターに雰囲気を味わってほしいです」

 FC東京の2018シーズン リーグ開幕戦は24日、味の素スタジアムで浦和レッズと対戦する。「FC東京にとって節目の20年目に、何か1つ、一緒にタイトルを獲りたいです」――、壮大な目標の実現へ、EURO SPORTSはサポーターとチームをつなぐ架け橋となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る